« ヘルシ~な飲み物 | トップページ | ホノルルの一日が終わる »

王女様がいる??

実は、2週間ほど前、TBSの取材でオアフ・ゴーストツアーと言うものに参加してきました。http://www.oahughosttours.com/tour.htm

放送日は、日本がちょうどお盆の時期だったんで、ハワイの怪談話を探していて見つけたのが、このツアー。

正直言って、お化けは大っきらい!
できれば避けたかったんですが・・・時期的にドンピシャって思ったのです。

オアフ・ゴーストツアーには3つのコースがあって、ひとつは昼間心霊スポットをミニバスで回るツアー、これは日曜のみだったので、放送日とぶつかるので、断念。
昼間の方がよかったんですけどねぇ。

2つ目は、夜オアフの心霊スポットをミニバスで回るツアー。
深夜過ぎまで回るこのツアー、歴史的スポットはもちろんですが、殺人現場や自殺現場まで回ると言うので、
パス!!!

だってその自殺現場の木の枝には、まだロープがついたまま・・だそう・・

キャー!

残ったツアーは、ホノルルのダウンタウンを歩いて回るツアー。
歩くのはちょっと・・・と思ったけど、しょ~がない!
それも夜のツアー、ジャスミンまで連れて行く羽目に。

ジャスミンは未だに夜は一人でトイレにも行けない、超怖がり。
そこで考えました。頭にヘッドフォンをかぶせてモーニング娘を聞かせろ!

恐怖映画だってテレビでは、音を絞れば怖くない!?ような・・気がするんですが・・
ねぇ、そうですよ、ねぇ。

夜8時のイオラニ宮殿。昼間は観光客などで賑わい、とっても美しい建物も、
夜は・・ただのお化け屋敷にしか見えません。

ツアー客はアメリカ本土から20人、たくさんいれば、ちょっとは怖くないです。
アメリカ人って、本当にこういうの好きなんだなぁ。
おばあちゃんから7歳の子供まで、ガイドさんの怖い話に質問が飛び交っているから!
まるで、普通の歴史ツアーにでも参加しているみたいです。Photo

英語は真剣に聞かなければただの雑音になるので、私の意識はひたすら団体の真ん中にいることだけ。
一番後ろなんて、絶対なってはいけません!

さて、リリウオカラニ王女は、ハワイ王朝最後の女王。
アロハオエの作詞をしたことでも有名ですよね。

彼女は、子供が大好きで、彼女のつけていた香水の香りとともに静かに現れ・・歌をうたってたりするそうな・・・

アロハ~オェ~!!!

Rimg0035

突然、ツアーに参加していた子供の持っていた霊探知機が真っ赤に発信!!

このツアーでは、霊との遭遇率が高いため、この霊探知機を必ず携帯しているそうです。

赤く光り続ける探知機に、ガイドさんは、ティリーフの葉で子供の背中をたたいています。

怖いよ~!!

ガイドさんは、ハワイの祈祷師でもあったんですね。

Rimg0060 ヨカッタ。

でも!!!

ちっともよくはなかったのです。

実は、私、未だに怖いのです。

あれから2週間・・・

最初の晩は夜中に目が覚め、あまりの寒さに(ここはハワイですよ!)寝付けず、朝日が出るまで家中の電気を付けてました。

翌日は、日本の母の言うとおり、部屋のあちこちに塩をまいてお酒をそなえて??
なんか本当なの?と思いつつ藁にでもすがりたい私は、サラサラの塩をまいて、料理用の日本酒置いて。。。

だめですね。これじゃ・・・

ジャスミンはヘッドフォンのおかげで、ちっとも話を聞いておらず、夜の散歩に出かけた気分になったらしく、私の作戦は成功。

しばらくは、そのジャスミンに一緒に寝てもらっていたけど、
結局寝相の悪い娘にお腹をけられ頭をなぐられで、余計に寝られず、今でも電気を付けて寝ているのです。

今も夜になると、リリウオカラニ王女の香りと歌が聞こえてきそうで・・・

|

« ヘルシ~な飲み物 | トップページ | ホノルルの一日が終わる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブログデビューおめでとう!楽しみが、また1つ増えてうれしいです。これからも頑張ってね!

投稿: mino-mama | 2007年9月 5日 (水) 14時32分

ご活躍のようで、ラジオも車での移動時間にうまく合えば聞いてます。がんばってください。応援しています。

投稿: mino-Papa | 2007年9月 8日 (土) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448169/7654233

この記事へのトラックバック一覧です: 王女様がいる??:

« ヘルシ~な飲み物 | トップページ | ホノルルの一日が終わる »