« 晴ればれ~~~♪ | トップページ | ランチ@プーケット・タイ »

シャングリラ★

ホノルル美術館が行っているシャングリラ・ツアーshine

シャングリラとは理想郷の事。
故ドリス・デュークさんが、作り上げた彼女の世界。
それはイスラム芸術を愛する彼女の唯一くつろげる場所だったに違いない。
60年近くかけて集められていったイスラムPhotoの国々の作品。

これが、決して絢爛豪華と言った感じではなく、
使いやすく、彼女なりのセンスで並べられている。

Photo_3

プライベート空間を大切にした彼女は、プールサイドにあるプレイルームにお客様を招いても、自分の生活空間を通らないように別の入り口を設けた。
この庭園の中心を流れる水に沿って歩くとプレイルームにたどり着きます。Photo_4

海に向かった庭園。

今回、私は英語のツアーを選択。
この回だけで30人のツアー客、バスも満員でした。
シャングリラの中では、2組に分かれて案内を受けました。
アメリカ本土の観光客がほとんどでしたが、皆さん本当に熱心で、次々と出る質問にツアーの時間も長引くほど。

途中、日本語のガイドさんとすれ違いましたが、日本人の観光客は2人だけ、プライベート・ツアー気分で楽しめそうです。

Photo_5

ダイニングルームの外側にあるラナイから見るダイアモンドヘッド。
ワイキキから見るのと形が違いますね。
下に見える突堤はドリスさんが作ったもの、最初の夫がクルーザーをお持ちでした。

この日は、ローカルの若いグループが突堤から海に飛び込んで遊んでいました。
敷地内は立ち入り禁止ですが、海は公共のもの、突堤も海に沿って来れば、遊んでもいいそうです。

4809_068

ノースカロライナから来たと~っても素敵なおばあさま、ナイラさんが写真を撮ってくれました。
レーガン元大統領のナンシー夫人そっくり、。

バスからず~っと私の話し相手になってくれました。
おかげで一人の参加もちっとも寂しくないですねぇ。

でも、今回このシャングリラを訪ねて思ったのは、2回の離婚を経て子供のようにかわいがった犬たちとここで暮らし、そして天涯孤独だったというドリス。

なんとなく彼女の寂しさが伝わってくるような気がしました。

お金がち~っともなくて苦労は多いけど、私、幸せだもんなぁ。

私の好きな色、ブルーと茶色、そして金色の世界、シャングリラ。
現実に引き戻される帰り道、ジャスミンのうるさい声が聞きたくなったね。

clipシャングリラ・ツアー

Photo_6 シャングリラ・ツアーはホノルル美術館が行っています。
集合はホノルル美術館、そこから中型のバスに乗り、シャングリラへ向かいます。ツアー終了後もバスでホノルル美術館に戻り、美術館で解散。
美術館の入場料、バス送迎、シャングリラのツアーで、
1人$25.00(ハワイ居住者は20ドル)

12才以下の子供は参加できません。
室内撮影禁止、外でのみ撮影が出来ます。

ホノルル美術館・シャングリラ・ウェブサイトhttp://www.honoluluacademy.org/cmshaa/academy/index.aspx?id=491

シャングリラ・ウェブサイトhttp://www.shangrilahawaii.org/

ツアーは、水曜から土曜日、8:30~、11:00~、13:30~
日本語のツアーはガイドさんとツアー客によって異なりますので問い合わせてくださいね。

telephone(808)532-3853

|

« 晴ればれ~~~♪ | トップページ | ランチ@プーケット・タイ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

今回の放送を聞いて、ブログの更新をとっても楽しみに待ってましたよpunch

こんなツアーがあったなんてsign01 もぅ最高sign03
今年のハワイ旅行の一番の目玉eyeになりそうです。
もちろん、日本語コースに参加しますよぉsweat01

昌美さん、痩せましたぁ~~?
洋服のせい? 着やせとかぁ~?
ポーズのせい? 角度とかぁ~?
それとも私のeye錯覚ぅ~??? (笑)(笑)(笑)

投稿: アラかん | 2009年4月21日 (火) 11時54分

ヤッター!日本語ツアーありなんですね!実は私たち夫婦このツアーに出来てすぐ参加したのです、すばらしいですよね!メインランド人12人に日本人私たちだけ!ガイドのお話分からないまま終わりました。

だいぶ前でしたが、たしか当時イスラムからタイル職人の父につれられて来た少年が今もおられ、このお屋敷の管理をしているようでした。その方が詳しく当時(ドリス)のことを教えてくれたのです。
感動しましたが残念ながら半分以上は理解できませんでした。
来月連休明けにオワフですので時間あれば行ってみます。

投稿: ノニ卿&ハーブの女王 | 2009年4月21日 (火) 14時27分

アラかんさんへ

是非、行ってみてください♪
1930年代に作られたと言うのに、すばらしい作り。
ドリスさんってすごい!

私が行った日は曇っていたので、写真があまりきれいじゃないんですが、これ、晴れると最高にいい写真が撮れそうです。

ちょっと!
アラかんさん!
私、そんなに太ってます????
っつうか・・

ラジオを聴いていて、初めて私を見た人は、
「なんだ!それほどでもないじゃん!」って言うんですよ~~!

いや!
それほどでもあるんですが。。。。照れ♪
少し痩せたつもりですが、ほとんどサイズは変わっちょりません!
毅郎さんにも、「全然、変わらん!半分まで痩せろ!」
と、言われましたから!

投稿: ジャスまま | 2009年4月23日 (木) 17時17分

ノニ卿&ハーブの女王さんへ

すごい!
えらい!
英語の人の中にいるのって、大変ですよね~!
半分でも理解できれば全然OKですよ!
日本語のツアーが出来ても、日本人が少ないようなので、
これからはいっぱい日本かたの人が増えればいいんですけどねぇ。

連休明けなら、いい時期ですね。
どうぞ、楽しんでください~♪

投稿: ジャスまま | 2009年4月23日 (木) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晴ればれ~~~♪ | トップページ | ランチ@プーケット・タイ »