« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

ハロウィーンのコスチューム

今年のハロウィーン、何を着るか!

Photo

最近出来たばかりのこのお店に出かけました。
ニミッツ・ハイウェイのパーティ・シティ。

激混み、マジ混み、駐車場の渋滞がニミッツまで伸びていた~。

さて、ココで問題です。

今年のジャスミンは何になるでしょう???

1番・・・・・・

Photo_2

2番・・・・・

Photo_3

3番・・・・

Photo_4

4番・・・・

Photo_5

5番・・・・

Photo_6

6番・・・・

Photo_7

正解は・・・・・・・

次回・発表しますよ~。

お楽しみに~~~~♪

| | コメント (5)

ワイマナロのパンプキンパッチ

 Photo

ハロウィーンが近づくと、家族総出で出かけるのは、

shineパンプキン・パッチshine

ハロウィーンのお化け提灯「ジャック・ランタン」用のパンプキン探し。
ハワイでは、数少ない農場で行われている。
ハロウィーン前にハワイに来たら、ローカルに混じって一日遊ぶのも楽しいと思うよ~。
オアフの西ならアローン・ファームが有名だけど、今年からワイマナロの
「ワイマナロ・カントリー・ファームス」で行われると聞いて行って来ました。

初日と言うのに、朝からたくさんの人で賑わっていました。

Photo_2

一番の人気は「ヘイ・ライド」
藁を積むトラクターの荷台に乗り込み、農場の中を回る。

Photo_3

途中で農場の説明もあります。

Photo_4

1948年からさまざまな作物を育ててきたこの農場、今では52ヘクタール全てがトウモロコシ畑となっています。

ヘイ・ライド、子供が喜んで乗るのかと思ったら・・・・

Photo_5

大人の方が多かった。。。。coldsweats01

Photo_6

パンプキンも、大人の方が真剣に選んでいたりして。

Photo_7

選んだパンプキンは、大きさで$4~$6でした。

トウモロコシ畑では迷路が作られていました。

Photo_8

中に入り込むと私の視線で見てもこんなよ~。
ちょっと怖かったりして。

・・・・・ジャスミン、あまり遠くへ行かないでね。

Photo_9

  impactま’’ってぇぇぇ~~~。sweat01

Photo_10

やっぱ、テネシー生まれハワイ育ちの野生児です!

ここのとうもろこしは、「スーパースィートコーン」 と言って、
めっちゃくちゃ甘い。
それも、農薬を使ってないから、そのまま採って生で食べてもOK。

Photo_11

真剣に皮をむいてます。

Photo_12

汗をかきながら食べていましたが、これ、マジうっま~い!
生で食べるのは初めてだったので少し抵抗があったけど、ジューシーで果物みたい!
ジャスミンは2本ぺロリとたいらげました。

ハロウィーンの主役、大きなオレンジのパンプキン探し。
スーパーでも買う事が出来るけど、この農場体験をしながらも楽しそうでしょ?

「ワイマナロ・カントリー・ファームスでは、今週末も行われる予定です。

さぁ、すぐそこまで迫ったハロウィン。
浮き足立っている娘を落ち着かせるもが大変~!

Photo_13
(カハラモール・ホールフーズ)


| | コメント (2)

アイランドソープ&キャンドル・ワークス

Photo

店内にあふれるトロピカルな香り。
7~8年前取材させてもらってから、時々買いに来る。
最近ハワイのあちこちで増えているその場で作っている自然な石鹸。
ここが元祖と言えば元祖ね。

Photo_2

写真の左に写っているパイナップルの形のキャンドルフォルダー、私も持っていて愛用しています。

この日は、ジャスミンを連れて石鹸を買いに行きました。

Photo_3

見本の石鹸の数々。
途中で香りがわからなくなると、真ん中に置いてある木の筒の香りをかぐんですよ。
木の筒の中身は、コーヒー豆でした。

最近は、私の石鹸もシャンプーも一緒に使うようになったジャスミン。
石鹸だって鼻をならして(?)香り選びに夢中。

Photo_4

その「ウガウガ・・・confident」と鼻ならすのやめてくれる?

石鹸は何種類か置いて(リキッドも含めて)、その日の気分で香りを選ぶ私。
この娘まで、やっているみたいで、生意気だ!
安い石鹸を置いて、「こっち、使って!」と言ったのに。。。。

これからティーンになって、益々手がかかりそうだなぁ。

Photo_5

clipアイランドソープ&キャンドル・ワークス

WARD WAREHOUSE(アラモアナ寄り)
1050 Alamoana Blvd、Honolulu、HAWAII
営業時間:月~土 10:00am~9:00pm
       日    10:00am~6:00pm
 telephone(808)591-0533

| | コメント (6)

ドライブスルー天国

先週見た気になるニュース。
テネシー大学のバセット教授の調べで、アメリカ人は日本人の3分の2も歩いていないらしい。
公共交通機関がない事で、アメリカ人の10人中9人が移動を車に頼り、調査した人の中には、自分の家から車までが一日で一番長い距離を歩いたと言う。

そして、その車で用事が済ますことの出来るrvcarドライブスルーが問題になっている。
アメリカで肥満治療にかかる費用は年間8兆円から10兆円かかっているそうで、大きな社会問題。

ハワイでもrvcarドライブスルーはあちこちで見かけます。

Photo

よく使うのは、郵便ポスト。
アメリカでは公共料金を小切手・郵便で支払う事が多い。

Photo_2

ポストの投函口が車の窓の高さに合わせてある。

通勤途中、コーヒーが飲みたくなったら。

Photo_3

確かにこれは便利。
スタバの付近って、車を止める場所が混んでいることも多いのね。

カリヒにはプレートランチだって、rvcarドライブスルーのお店があるそうです。

不要になった衣類や本、おもちゃを寄付するにも・・・

Photo_4

Photo_5

ここは、朝早くからやっていてご近所なので、よく行きます。

そして、病院の処方箋、これ、結構待たされますよね?
これもドライブスルーで受付て、時間になると戻ってきて、
身分証明書を見せれば、rvcarドライブスルーでもらえちゃう!

Photo_6

銀行のATMだって。dollar

Photo_7

帰宅時間になると、結構混んで並んでいます。rvcarcarrvcar・・car

Photo_8

カードを入れて、暗証番号を押して、お金を引き出したり入金したり、車に乗ったままできます。

ただ、見ていると、車の駐車位置が悪いらしく、手が届かなくて降りてやっている人も多い。coldsweats01

私は、基本的に rvcarドライブスルーはやりませんsign01punch

食べ物をオーダーするのも、ドライブスルーの方が渋滞している事が多いし、言葉の聴き間違いも多かったりして、かえってめんどう。

でもね。

毎日やっていた・・・・・

shine究極のドライブスルーshine・・がコレdown

Photo_9

school学校の送り迎え~~rvcarcarrvcar・・・・。

小学生以下の子供を一人で通学させる事のできないハワイ。
朝と夕方、車での送り迎えなんだけど・・・・
どこの学校も子供が・・ドライブスルー状態。

親は車から降りず・・・係りの子供がホテルのドアマンのようにドアを開けてくれ・・・・・

paper「行ってきま~す!」と手を振り降りる娘。

Photo_10

オレンジのベストの子供は「ジュニア・ポリス・オフィサー」diamond
ホノルル警察の訓練も受けている。

「Have a nice day!]なんて言いながら、ドアも閉めてくれる。

annoyあ~~~、そうなのよ。
ドライブスルー・・・・・・やっていたんだわ、それも・・・毎日。happy02

| | コメント (3)

チャイナタウン

先日のチャイナタウンのアーティスト・ロフトの取材。
秋休み中のジャスミンを連れての親子取材だった。

Photo

最近、チャイナタウンに来るのは友人とが多く、ジャスミンと二人で来るのは始めてかも。

そこで、親子でチャイナタウン散策をしたよ。

ハワードおじさんに会いに行き、飲茶を食べたり・・・

Photo_2

「ゴールデン・パレス」
1111 N.King ST Honolulu,Hawaii 96817
(808)521-8268  午前7時~午後10時(飲茶は午後2時まで)

ハワードさんに全然来ないじゃないか!と又怒られました。
最近チャイナタウンに来ると、ついPHOを食べに行っちゃうのね~。

Photo_3

久しぶりの飲茶、おいしかったです♪
二人で15ドルくらいだったと思う、安いよね。
(写真の他にもいっぱい食べてますよ~!)

この後、チャイニーズの雑貨屋を覗いたり、10歳の娘とでも充分楽しめます。

Photo_4

チャイナタウンは、ジャスミンと行ってもつまんない、と思ってた。
だって、10歳の娘にチャイナタウンの良さってわからないと思ったし。

でもね、ジャスミンの視線も捨てたもんじゃないよ。
って言うのはね・・・・

「ママ、チャイナタウンだと・・・
   ビジネスマンのアロハシャツも・・・チャイナだ。

Photo_5

ほんと~だ。

私の視線はおじさんの頭のてっぺんだから。。

| | コメント (6)

チャイナタウンのアーティストロフト

ホノルルのチャイナタウンは、アメリカで最も古い歴史を持ち、数年前には連邦政府の歴史遺産指定も受けています。

私も大好きな街、チャイナタウン。

新鮮な食材を求めて地元の人で賑わい、独特の異国情緒を求めて観光客も訪れる。

Photo

私がハワイに来た当時は、まだチャイナタウンは犯罪の多い危険な場所のひとつだった。
ダウンタウンにあったホノルル警察の支所がチャイナタウンに引越ししたのが1998年。
歴史的建造物の立ち並ぶ一角にアートギャラリーが増え始めたのもこの頃。

Photo_2

市場の多いあたりは人で賑わうが、少し歩くと人もまばらになる。

Photo_3

ホテルストリートのこのあたり、昼間から古いバーが営業していて、ちょっと怪しげな人も多いので注意。

ホノルルのチャイナタウンが、アートの街に変わってきたのも、
アーティスト達の努力もあった。
アート関連のイベントをしたり、アーティストのサポートをしている非営利団体「アート・マークス・ガレージ」。

今回は、ホノルル・チャイナタウンの古いビルの2階にアーティスト達を呼ぼうと活動していました。

アーティスト募集のビル。

Photo_4

1901年に建てられたこのビル、2階は全てロフトで10部屋ありますが、もうすでに半分埋まっています。

裏手の入り口から入るとこの中庭。

Photo_5

将来、カフェにする事も考えているそうです。

Photo_6

ビルの表は白く塗られていましたが、裏を見るとレンガがそのまま残っていました。
2階に上がって見ます。

Photo_7

中庭を見下ろすように、部屋の持ち主それぞれが椅子を並べていました。

ここから見ると・・・

Photo_11


ここに住む条件は「アーティストである事」。
と言っても、芸術関係だけでなく自分で何かを作り出す仕事ならなんでもいいそうで、ミュージシャン、デザイナー、設計士や小説家、漢方の薬剤師までさまざま。

ちなみに、私は?と聞きましたら、「大丈夫です!」と許可をもらいました。
と言うのも、実はこの取材「秋休み中」のジャスミンも付いて来ました。
このビル見た途端、住みたい~~♪・・・・どんな10歳じゃ!
私は、古~いビル、怖くて住めません~~sweat01

Photo_8

マークス・ガレージのディレクター、リッチ・リチャードソンさん。
彼もアーティストの一人。
後ろの壁に飾られていたのは彼の作品。

空き部屋を見せてもらいました。(リッチさんの作品は、住人が決まったら撤去するそうです。)

Photo_9

ニューヨークのソーホーのアパートメントみたい。
レンガの壁や窓がおしゃれ。
窓の外は、こんな景色が広がります。

Photo_10

やっぱ、チャイナタウンでした。。。。coldsweats01

こうやってアーティストが住む事によって、夜にも人の目が集まるし、
文化的なおかつ安全な街作りをしていきたいそうです。

広さは50平米~、7万円台~20万円ほど。
(20万円のお部屋はロフトが付いて広いそうです)
*チャイナタウン・アーティスト・ロフト

アートでおしゃれな街に変貌しつつあるチャイナタウン、おしゃれなカフェやレストランもたくさん出来ました。

それでも、まだ危ない場所もあるので、チャイナタウンを訪れる方は、市場の空いている時間、朝から夕方までがいいと思います。
そして裏通りや人の少ないところは避けたほうがいいでしょう。


| | コメント (0)

インディアンのお祭り

diamond第36回・インタートライバル・バウアウdiamond

Photo

今年も行って来ました。
ジャスミンのルーツをたどるイベント。
チェロキー族の血も流れるジャスミン、本物のインディアンのように全身着飾りたい。
でも、うちではそんな衣装は用意できない。(お高いのよねぇ・・)

景気低迷の影響がこのイベントにも打撃を与えていました。
アメリカ本土から来る「アメリカ・インディアン・バウアウ協会」のご一行が突然のキャンセル。
2週間前のドタキャンだったそうで、今年はハワイに住む関係者のみで行われました。
インディアンの民族衣装で踊る人も今年は本当に少なかったです。

Photo_2

去年の様子は、コチラをどうぞ。
インディアンのパンもいただきましたよ。

Photo_3

このパンの生地を伸ばしているお母さん、見事なタトゥです。

Photo_4

パンはとってもおいしくいただきました。ご馳走様でした。

Photo_5

お店の人ともジャスミンが仲良しになりました。
チェロキー族の本をいただいたり、頭に羽をさしてもらったり、
こまごまとお世話をしてもらっていました。

Photo_6

又、来年も来ますね~。
とは言え、このままじゃこのイベントの来年も危ないわ~、と言っていました。

このイベントに来ると、生き生きと顔を輝かせるジャスミン。
普段より大人びて、勇敢な表情に見えるのは気のせい?

Photo_7

*インタートライバル・バウアウは、毎年10月最初の土日に行われています。
場所は、ホノルル美術館の目の前に広がる芝生の広場、トーマス・スクエアで。

| | コメント (4)

ハワイ・ファイブオー復活!

H50
CBS系列での秋の新番組、「ハワイ・ファイブオー」

すでに9月20日から放送は開始されて、毎回のニールセンの調査は絶好調。
ハワイを舞台にしたドラマに、ハワイの人の期待も大きい。

テレビドラマ一本の撮影でハワイには年間60億円の経済効果があるそうです。
そのうえ、この番組はハワイそのものが舞台なので、
ハワイの美しい景色がふんだんに盛り込まれている。

Hawaii205020season203

オリジナルは、1968年から12年間にわたって放送された大人気警察ドラマ。
ハワイでは、毎日のように再放送されているので見た事がありますが、当時はまだ小さかったので見ていません。(ホントーよ!coldsweats01

この渋い俳優ジャック・ロードさんは、ドラマが終わった後、1998年に亡くなるまでハワイのカハラに住んでいたそうです。
カハラ・モールのMACY'Sの裏手に胸像がありますので、是非見てください。

Photo

さて、リメイク版は、オーストラリア出身のイケメン俳優が主役。
あちこちで、撮影が行われているので、遭遇するチャンスも多いですよ。
特に、ホノルルのダウンタウンにある元ホノルル・アドバタイザーのビルは本部とスタジオになっているので、毎日のように撮影が行われているようです。

ビルの駐車場には・・・。

Photo_2

銃弾を打ち込まれ横転した車

第二話の冒頭に出てくるよ~~。

この日もなにやら撮影中。

Photo_3

このビルも歴史的建造物に指定されているので、趣があってなかなかでしょ?

Photo_4

たくさんの野次馬にまざってしばらく見ていましたが、エキストラらしいポリスの制服を着たお兄さん達のシーンを撮っていました。

よく見ると、入り口のドアの上・・前は「ホノルル・アドバタイザー」って書いてあったのに、「ホノルル警察」になっています。

ただし、主役の4人の所属する、ハワイ州警察特殊部隊はこのビルの中にあることになっているようです。

Photo_5

カメハメハ大王の像の後ろ、ハワイ州裁判所です。
外観だけつかわれているみたい。

Photo_6

このカメハメハ大王の像も、毎回登場しますよ。
記念すべき第一回目の放送では、ホノルル港が撮影現場に。

Photo_7

こうやって撮影現場を訪ねるのも楽しい。

来年あたりには、日本で放送されるかな。
是非、見て欲しい。
久しぶりのハワイが舞台のハワイのドラマです!

| | コメント (0)

誘ってくる車

ジャスミンが今、maple秋休み中maple

10日間の秋休み。
4学期制のハワイの公立学校では、秋休みがあるのね。
1学期8月~9月、2学期10月中旬から12月20頃。
3学期1月頭から3月20頃。4学期目が4月から5月・・・・
5月でいよいよ小学校卒業・・・早いなぁ。

秋と春は10日間ほどの休み。

今回は、どこのプログラムにも参加しないので、
しっかり家のお手伝いやら、何やらさせなきゃね。

遊んでばかりじゃぁね。
私も・・ずっと一緒だけにダラダラもしてられんのよ。

そう・・・シャキっとね。
こういうときに、親のいいとこ、見せるチャンスだし!

impactだからッsign03

信号待ちで、誘うなっつうの。wobbly

S_101

beer全身・beerビールの車beer ・・・crying

おいしそぉ~~~~~~~!heart04

| | コメント (6)

ハワイで缶詰の寄付を!

楽園やパラダイスと言う言葉が合うハワイですが、
ハワイにも暗い影を落とす問題がある。

20100917_newshomeless1

アメリカ国勢調査局の発表によると、ハワイの貧困層の割合は、1997年以来最高に達しているそうです。
ハワイの全人口の12・5%、15万6千人。
貧困層の基準は4人家族での収入が年収2万5千360ドル。
日本円で約213万円。
ホノルルでの家賃は東京都内並みの値段がするので、
この収入で生活するのはかなり困難。

特に子供の貧困率が懸念されている。
ハワイのホームレスにも家族連れが目立つし、テントの横には乳母車が止められていて胸が痛い。

ハワイの子供は、7人に1人が食べる物にも困っている。

ハワイ・フードバンクでは、毎日の食料に困っている人に支援活動をしています。
缶詰を寄付する活動は、ハワイに生活している私達にはよく見かける光景です。

年間通して行われる活動も、クリスマスや感謝祭の前と、
学校が夏休みに入る前の5月には重点的に活動が行われる。

これは、3ヶ月近い夏休みになると、子供達の中には一日の唯一の食事である学校給食が食べられなくなるからなんですね。

アメリカでは、収入に応じて給食の値段が違い、
低賃金の家庭では給食は無料になります。

5月に行われるフードバンクの活動で、アメリカ全国規模で大々的に行われるのが、郵便局と協力して行われる「スタンプ・アウト・ハンガー」。

5月のある日、ポストに青いビニール袋が入っていて、
それに缶詰などを入れて出しておくと、郵便配達員が集めてくれます。

Rimg5531

今回、真珠湾を見渡せるパールリッジショッピングセンターのイベント広場で行われていたのは、

「CANSTRUCTION」(缶建築?)

これは、ハワイの有名な建築会社が競って缶詰のオブジェを作り上げました。
主催はハワイ・フードバンク。

Photo

今年で5回目、毎年熱が入って、チームごとお揃いのTシャツ。
そしてこのオブジェにも、構想から設計図を仕上げてと、2週間以上かけているそうです。

Photo_2

何ページも渡る設計図を得意げに見せていただきました。
この会社は、コオリナで建築が進んでいるディズニーリゾートも担当しているそうです。
今回使われた缶詰は、3,600個。

出来上がったのはコチラ。

Photo_3

今年のテーマは「KID’S CAN!]
子供達に何が出来るか!

Photo_5

作品は、フードバンクのこのページにも紹介されています。

展示は10月3日まで。
気に入った作品に缶詰で投票してください。
全てハワイ・フードバンクに寄付されます。
パールリッジ・ショッピングセンター、アップタウンのイベント会場。
MACY’Sのあるモールです。



| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »