« 絶対行かない!恐怖屋敷 | トップページ | 誘ってくる車 »

ハワイで缶詰の寄付を!

楽園やパラダイスと言う言葉が合うハワイですが、
ハワイにも暗い影を落とす問題がある。

20100917_newshomeless1

アメリカ国勢調査局の発表によると、ハワイの貧困層の割合は、1997年以来最高に達しているそうです。
ハワイの全人口の12・5%、15万6千人。
貧困層の基準は4人家族での収入が年収2万5千360ドル。
日本円で約213万円。
ホノルルでの家賃は東京都内並みの値段がするので、
この収入で生活するのはかなり困難。

特に子供の貧困率が懸念されている。
ハワイのホームレスにも家族連れが目立つし、テントの横には乳母車が止められていて胸が痛い。

ハワイの子供は、7人に1人が食べる物にも困っている。

ハワイ・フードバンクでは、毎日の食料に困っている人に支援活動をしています。
缶詰を寄付する活動は、ハワイに生活している私達にはよく見かける光景です。

年間通して行われる活動も、クリスマスや感謝祭の前と、
学校が夏休みに入る前の5月には重点的に活動が行われる。

これは、3ヶ月近い夏休みになると、子供達の中には一日の唯一の食事である学校給食が食べられなくなるからなんですね。

アメリカでは、収入に応じて給食の値段が違い、
低賃金の家庭では給食は無料になります。

5月に行われるフードバンクの活動で、アメリカ全国規模で大々的に行われるのが、郵便局と協力して行われる「スタンプ・アウト・ハンガー」。

5月のある日、ポストに青いビニール袋が入っていて、
それに缶詰などを入れて出しておくと、郵便配達員が集めてくれます。

Rimg5531

今回、真珠湾を見渡せるパールリッジショッピングセンターのイベント広場で行われていたのは、

「CANSTRUCTION」(缶建築?)

これは、ハワイの有名な建築会社が競って缶詰のオブジェを作り上げました。
主催はハワイ・フードバンク。

Photo

今年で5回目、毎年熱が入って、チームごとお揃いのTシャツ。
そしてこのオブジェにも、構想から設計図を仕上げてと、2週間以上かけているそうです。

Photo_2

何ページも渡る設計図を得意げに見せていただきました。
この会社は、コオリナで建築が進んでいるディズニーリゾートも担当しているそうです。
今回使われた缶詰は、3,600個。

出来上がったのはコチラ。

Photo_3

今年のテーマは「KID’S CAN!]
子供達に何が出来るか!

Photo_5

作品は、フードバンクのこのページにも紹介されています。

展示は10月3日まで。
気に入った作品に缶詰で投票してください。
全てハワイ・フードバンクに寄付されます。
パールリッジ・ショッピングセンター、アップタウンのイベント会場。
MACY’Sのあるモールです。



|

« 絶対行かない!恐怖屋敷 | トップページ | 誘ってくる車 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

月曜日の放送で、小ざっぱりしたホームレスのお話があったので、そうなんだ~って思ってました。
でも、都内と同額の家賃での収入…
これをうかがうと(;´д`)トホホ…
確かに日本でも、いろいろと問題があるようですがthink
でも、お金の寄付ではなく、缶詰での寄付って良いなって思いました。
疑り深くて申し訳ないのですが、何となく、これって本当?って思ってしまいます。
でも、缶詰なら変なとこには使えないですよね<きっとwink

投稿: セツコ | 2010年10月 2日 (土) 19時36分

セツコさんへ 

そう、ホノルルの家賃、高いっすよ~!
2DKで、1500~3500ドル。
だから、夫婦で働くのは当たり前のハワイ。
私は一人だから、超キツイです。

そう、日本でもいろいろ募金とかやっていますけど、
私も赤い羽根以外・・なかなか。

ハワイでは、日本より寄付を見かける機会が多いですが、
日本より抵抗なく寄付しています。
乳がん、子供のガン、フードバンク、ボーイスカウト、
高校生達のクラブ活動の資金調達・・・などなど。
ほ~~~んとに多いですよ~!

投稿: ジャスまま | 2010年10月 6日 (水) 04時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絶対行かない!恐怖屋敷 | トップページ | 誘ってくる車 »