« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

メネフネ・マックのチョコレート

Photo

ねぇ、みているだけで優しい気持ちにならない?

メネフネ・マックのホワイトチョコレート

  shineパイナップル・スノーshine

ほんわり甘酸っぱいパイナップルの香り、そして大粒のマカデミアナッツがゴロゴロ入ってる。

Photo_2

ほんと、おいしい!コーヒーに合うよぉ~~~。

メネフネマックのチョコレートは、ニーマンマーカスにも置いてあるけど、是非、工場に直接買いに行っていただきたい!

前もって予約すれば、無料で工場体験ツアーにも参加出来ます。

Photo_3

朝8時半からツアーはスタートします。

Photo_4

工場の中は甘い香りに溢れていました。
この香りの中にいるだけで、幸せな気持ちになっちゃうよね。

Photo_5

工場の従業員はベテランぞろい、20年勤続とか、居心地がいい工場、いいチョコレートが作られていく秘密。

見学の最後には、自分でチョコレートを詰める作業を体験。

Photo_6

なかなかきれいに入れるのがむずかしい!

Photo_7

形悪いし、こぼれてる~、でもおいしかった~!

Photo_8

気になるメネフネのマック君。(メネフネはハワイの妖精です)
工場内あちこちにいますよ。

Photo_9

こんなかわいい貯金箱を発見。

Photo_10

日本の観光客にゆるキャラブームで人気だとかで売り切れ!
携帯ストラップとか、作ったら?とお願いして見ました。

ここの工場のいいところは、全商品全て試食できます。
お腹いっぱいになるほどチョコレートが食べられます。
おいしいハワイ産のコーヒーか紅茶も飲み放題。
実に太っ腹なサービスです。

私のおなかも上のメネフネ・マック君にようになっちゃいました~。
flairあッ、試食前からでした。coldsweats01

1939年創業、ハワイで一番古いマカデミアナッツのチョコレート工場でもある、メネフネ・マック。

是非、工場へ出かけてみてください。

私のお勧めは、
パイナップル・スノー、そしてあられせんべい入り・ダークチョコレートと、糖尿のうちの母用にノンシュガー・チョコレート

clipメネフネ・マック

| | コメント (14)

えひめ丸事件から10年

2001年、2月にオアフ島沖で愛媛県・宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」がアメリカ海軍・原子力潜水艦「グリーンビル」に衝突され沈没されてから10年。

カカアコ・ウォーターフロントパークでは慰霊祭が行われました。

Photo

10周年の慰霊式典には、日本からの遺族を始め、愛媛県知事、宇和島市長、宇和島水産高校の校長先生、ハワイ州知事、アメリカ海軍関係者、日本とハワイのマスコミ関係、ハワイの一般の参列者など200人を超す人が集まりました。

Photo_6

Photo_2

遺族の方達。

Photo_3

ハワイ州・ニール・アバクロンビー知事。

Photo_4

アメリカ海軍・太平洋艦隊の女性。
慰霊碑に向かい思いをかみしめるようにゆ~っくりと敬礼をした姿がハワイのニュースでは放映され、フェイスブックやツィッターで物議をかもし出していた。
「アメリカ側の謝罪の言葉が伝わった」
「いや、事故当時にあのような態度で示すべきだった」
「慰霊祭も海軍の基地を開放してやるべきだ」など。
結構、ハワイでも批判的な声が多かったのには驚きました。

ポリネシアの伝統的カヌー「ホクレイア号」のキャプテン、ナイノア・トンプソンの姿もありました。
前回、日本に航海に向かった時、慰霊のため宇和島にも寄航しました。

Photo_5

一般の人の参列者も全員白いカーネーションを献花しました。

Photo_7

悲惨な事故から10年、ハワイと愛媛はさまざまな交流が続けられています。
少年野球の交流、地域交流、ハワイ州と愛媛県の姉妹提携、宇和島市とホノルル市の姉妹都市の提携など。

ハワイと愛媛の関係者によって、愛媛のみかんの木が植樹されました。

Photo_8

カカアコにあるこの慰霊碑、事故から10年、ずーっと毎週ハワイの人達によって清掃されています。

セントルイス高校の生徒、日系人のグループなど、毎週土曜日、犠牲者の冥福を祈りながら、バケツやモップで丁寧に磨かれているのです。
慰霊碑の石は、青い空や白い雲をはっきり映し出すほどのきれいさです。
上の2枚目の写真(マスコミ各社が写っている写真)を見ればよくわかります。

遺族の方も言っていました。
「これだけきれいに磨かれて、ハワイの人がしょっちゅう訪れてくれているので、亡くなった彼らも寂しくないでしょう。」

この事故の日、私はケンタッキーからハワイに到着して10日目でした。
この事故のレポートをして、今の番組に復帰。
私のハワイでのスタートとなりました。

この慰霊祭の翌日、娘とこの慰霊碑に行き、事故の悲惨さを話しました。
事故当時1歳だった娘、11歳の今なら事故のことも理解できるでしょう。
伝えていく事が、事故を風化させないこと。
こういうあってはならない事故を2度と起こさないためにも。

Photo_9


| | コメント (7)

スカイプ

すっごいねぇ~、shineスカイプ・pcって・・今さら?

S_001

実家にはパソコンがないので、弟の家に遊びに行ってた両親とスカイプしました。
興奮のあまり、大騒ぎのジャスミン。sweat01

昨日は、夜のヒルトンの花火まで、ラップトップを動かし、日本へ中継。
挙句の果てには、フラは踊るし、歌は歌うし。note

私が子供の時はこんなのなかったもんね。

あ~、これで実家がパソコンを購入してくれればいいんだけど、
どうもそうはいかないみたい。

スカイプ、海外生活をしている私達親子にとっては、日本が益々近くなる便利なもの。

なんつったて、電話代かかんないしね。

今夜は、誰とスカイプするかなぁ~。confident

| | コメント (4)

バレンタイン・ディナー

Photo

おぉ~、小松もようやく色気のある話が出てきたかッ!
        ・・・・・・・と、思ったそこのあぁた!

残念でございました。
そんなもん、ありゃーしませんで。cat

でも、今年のバレンタイン。。heart04
親子でちょっぴりオシャレして出かけてきました。

Photo_2

左の太田紀美子さんとご一緒に、右のクウイポ・クムカヒさんのディナーショー。

Photo_3

バレンタインとあって、赤を貴重にしたテーブルセッティングに、
赤いムームーやドレスの人が多かった。heart

Photo_4

ブッフェ形式なので、好きな料理を好きなだけ~。

Photo_5

このショーには、この方達も参加。

Photo_6

PALI  最高note

椅子の上で座ったまま踊る私。イェーイ!good

Photo_7

クウイポ・クムカヒさん、この日は、ハワイアンだけでなく、いろいろなラブソングを歌ってくれました。

ジャスミンはと言うと・・・お姉さん達に囲まれ・・

38

幸せ~。heart04

それでも、このあと眠気には勝てなかった。
ディナーショーが始まったのが8時過ぎ。
普段のベットタイムが8時過ぎ・・・(うちの娘寝るの早いのよん)
9時半まで頑張ったけど、、、、眠い。coldsweats02

途中で抜けるのは気がひけたけど、ボールルームから出たら、このカップルにバッタリ。
パリとさっちゃん。(J-WAVEの内田佐知子さん

ハワイで放映されている二人の番組のファンのジャスミン。
一緒に写真を撮ってもらって、又、

幸せ~。heart04

Photo_8

帰りは・・・・ホテルの駐車場出る前にはもう寝ていたわ。sleepy

親子でバレンタインディナー、楽しかった~。
バードランドの佳代さん、ありがとぉございましたッ!

| | コメント (0)

冬のノースショア♪

Photo

冬のノースショアに出かけてきました。

冬のノースは大きな波が来ることから、世界中からサーファーが集まってきます。
11月から2月末まで長期滞在して波を追う生活。

Photo_2

この季節のノースは、日に焼けたシャープな体に、潮焼けした髪の毛のイケメン・サーファーがたくさん見られるのサ。オホホホ・・・・。lovely

そのサーファーを追いかけ、サーフィン関連のメーカー、マガジンなどのメディア関連、そしてキュートな追っかけギャルも集まってくる。

ブラジルから来る女の子は、グラマーな体にまるで眼帯のような小さ~なトップで歩いているらしい。eye

私がノースに出かけた日は、ノースには高波が押し寄せていたので、
カメハメハ・ハイウェイから潮で煙っていた。

Photo_3

(*最近、レンズにごみが付いているらしく、黒い斑点・・・・
コレ、ハワイだと、どこへ行けばきれいにクリーニングできるんでしょう?
知っている人、是非、教えてください!
・・・ちなみにカメラはニコンの一眼レフです。

通称・バンザイ・パイプライン。エフカイビーチ。wave

Photo_4

次々と大きな波がきれいなチューブ(トンネル)を作り出して、
思わず歓声!

Photo_5

でっかいでしょ~?この日の波も。。。。

Photo_6

これ、波を越えて沖へ出るのが大変そう・・・・

冬のノースは海水浴には向いていません。
この日は、完全な遊泳禁止の赤い旗が立っていました。

ので。。。

足だけなら。

Photo_7

冒頭の写真もそうです。
あまり深いところに入ると引きが強いので、波に娘をお持ち帰りされても嫌なので・・・・水際でしばらく立ち尽くすジャスミン。

この日も海に入る人より、砂浜での見学者の方が圧倒的に多かった。

Photo_9

ライフガードも笑顔でシャカ!

Photo_8

ここのライフガードは大変そうですね。

この日、冬のノースショアの事をいろいろ教えてくれたのは、
ノースショア専門の日本語ウェブサイト、アド・ノースショアの夕子さん。

Photo_10

大変お世話になりました。

取材の事も忘れそうなくらい、楽しい時間が過ごせました。
ジャスミンが、べったりなついちゃいましたから!

このあと、ハレイワにあるグラススカート・グリルのジョニーさんにも会えちゃった。

Photo_11

底抜けに明るい笑顔の二人にどっぷり癒されて、充実した時間。
ノースショアって、ホノルルに住んでいると、なかなか行く事がないけど、これからは、二人の笑顔に会いに通いそうだわ!

| | コメント (14)

ホェール・ウォッチング

冬のハワイのお勧め、「ホェールウォッチング」

スター・オブ・ホノルルの「ホェールウォッチング・クルーズ」に参加してきました。

Photo

ホノルル港に光る白い船体、絵になります。

Photo_2

船内で、ナチュラリストから鯨の説明などが行われます。

Photo_3

気が付いたら船はすでにホノルル港を離れ、ワイキキ沖に向かっています。

ランチはブッフェスタイル。

Photo_4

ここのランチは本当においしいんですよ。

Photo_5

マカロニサラダもheart02

Photo_6

このチキン、おいしかった~、写真見て又食べたくなった!

Photo_7

しか~しッ、この日は、鯨がなかなか姿を見せてくれません。

それでは、ゆっくり食事といきますか!

Photo_12

すると、遠くで見えたらしい。アナウンスが入ります。
私は、食事中テコでも動かないん方なんですが、今日は鯨ウォッチでした。
よっこらしょッと腰を上げたら、すでに鯨はいません。

そして・・・遠くで潮を吹いたと誰かが叫べば・・・・

Photo_8

スターオブホノルル・・・最高速にて、移動中。dash

しかし・・・・・背びれがチョロリ・・・

しゃーないので、うちはどこかなぁ??なんて写真を撮ったりして。

Photo_9

あッ、うちが見えた~up

でもね、海岸線の美し~い
高級コンドとは違いますよ~。

その、ずーっと後ろですよぉ・・・catface

すると、又「キャー!鯨~~!」の声!
慌てて移動、シャッターを押したのが下の写真。down

Photo_10

今回、写真は本当にコレだけ。
少ししか姿を見せてくれないから。アッと思った時には潜ってしまったあと・・・・・

ただの波にしかみえないって!

今回もPRの方々にご招待してもらったのに、ごめんなさい~。
ちひろさん~(左)、食べてばかりいた私が悪うございましたぁ!

Photo_11

申し訳ないッ。sweat01

去年は、アレだけ(去年の記事)見られたのになぁ。
船酔いの激しかったジャスミン以外、絶好調だったのに。

しょーがないので、今回は、鯨を見そびれた人を見つけては、

「ほうら、ここに大きな鯨よぉ~!」foot

と、大きくのけ反って見せ・・foot
         自虐的なギャグで受けてましたとさ。crying

なんで、私ってこうなんだろ。

本物の鯨の方は、背びれしか見えなかったけど、
後光が指して見えるほど神々しい姿でした。
何度見ても感動すること間違いなし!

料理は申し分なくおいしくて、ここのコーヒーもおいしいよぉ!
ウクレレやフラダンス、レイ作りと、ハワイアンカルチャー体験も出来てあっという間の2時間半。

ワイキキやダイアモンドヘッドを海から撮る写真は、クルージングならではの楽しみです。

 clipスター・オブホノルル・
    プレミア・ホェールウォッチング



| | コメント (2)

日本では。

Photo

京菓子って、こんなに繊細で、きれいで・・・・
食べるのもったいなくなるよねぇ。

一つ一つ、味わっていただいてます。ず~っと飾っておけないし。
あまりにもきれいなので、写真に収めておいたのよん。

さて、TBSでは、今回、懐かしい人とご対面!

Photo_2

マムシさん~~~ッ!
変わんねぇ~なぁ!って言われたけど、マムシさんも!

生涯現役を文字通り行っている人。
元気だし、面白すぎ!

いっぱいいっぱい笑って、元気をもらっちゃった。

まだまだ、80歳になっても90歳になっても、ずぅ~~~っと、
shineがんばってpunchくださいよ~!

| | コメント (2)

写真が上達するフォトツアー

Photo

ハワイで、絵葉書のような写真を撮りたいけど、むずかしい。。
自分できれいな写真が撮れたら。。。

・・・・と、言う方に朗報!shine

camera「フォト・サファリ・ハワイ」と言う会社で、ハワイの大自然を巡りながら、プロのカメラマンが撮影方法を丁寧に教えてくれるツアーをやってるって。good

私も番組ホームページやこのブログだって、自分で撮影しているので、さっそくツアーに参加して来ましたよ~♪

Photo_2

ツアーは、タンタラスの丘の上からスタート。

タンタラスの丘の木を入れることで、距離感と、写真に奥行きが出てきます。
ここは、ズームにしてワイキキやダイアモンドへッドを中心に撮りたくなっちゃう。

Photo_4

このあと、山に入り、さまざまな撮影方法を学びます。

通訳のちあきさん。

Photo_3

道端に咲く花にも接近して・・・背景をぼやかすと。

Photo_5

何気ない竹の切り株だって、この通り。eye

Photo_6

ワイマナロ・ビーチでは、さまざまな写真を撮りました。

Photo_7

これ、文字を書くたび波に消されて大変。wave

Photo_8

ビーチに流れ込む小川。

Photo_9

このツアーのカメラマン・ブライアンさんとちあきさん。camera

Photo_10

デジカメっていいよね、なんせ、この日400枚以上の写真を撮ったんだけど、使えないのは、ゴミ箱行きでOK~~。pouch

でも、中国人観光客がヌウアヌ・パリの強風の中、はしゃいでいたので、cameraパチリッ!happy02

Photo_11

こんなに楽しそうな中国人、久しぶりに見た!coldsweats01

そして、マカプウ近く、海に向かって無口にランチ中の二人。restaurant

Photo_12

な~んか、そんなとこで食べているわりには、つまんなそうねぇ。

そして中年暴走族?bicycle(言い方古い?)

Photo_13

半日ほどのツアーですが、山に海と自然を満喫heart04
そして、カメラの腕だって、メキメキ上達~!

今度は、night夜景の撮り方、おせ~て、ちあきさん!!!

 clip フォト・サファリ・ハワイ(日本語)
 clip フォト・サファリ・ハワイ(英語)
 

| | コメント (2)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »