« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

太平洋津波警報センター

Photo

世界の津波警報システムの中で、太平洋地域を広くカバーしているのが、ここオアフ島にある太平洋津波警報センター。

Pasific Tsunami Warning Center

アメリカ海洋大気圏局NOAAが運営をしている。
オアフの西、エバビーチからも近い、のどかな通りにある。

Photo_2

政府の施設なので一応、中に入るのも許可が必要。
アメリカ国民か、永住権保持者のみの入場許可と言われましたが、研究目的であれば、早めの手続きで入る事も可能なようです。

ここでも2001年の911テロ事件以降、ルールが厳しくなったそうです。

Photo_3

建物は小さいですが、この後ろにたくさんの巨大なパラボラアンテナが設置されています。

Photo_4

室内はハイテク機器がずらり。

Photo_5

TBSの放送局の技術室を思い出しましたが、娘のジャスミンはスパイ映画のようだと大喜び。

Photo_6

突然の取材許可が下りた日には、ジャスミンの学校はクヒオデーでお休み。
子連れ取材の許可をもらいました。
今回お話を伺ったのは、地球物理学者のサーディナ博士。

Photo_7

子供にも興味をもってもらいたい!とジャスミンにもわかるように説明してくれました。
学生時代、物理や化学はからっきし苦手だった私には、子供向けの説明でちょうどよかったのかもしれません。

ここでは、地球物理学の他に、物理学、地質学、海洋学などの科学者が12人、24時間体制で監視を続けています。

太平洋36箇所に設置されたブイ。

Photo_8

今回の東日本大震災、日本からハワイに向けて最初に津波を感知したのは日本の本土から約700キロ離れたブイ。
地震発生から28分後。

このブイは、海底6千メートルに設置され、水面のコントロールパネルまでつながっているんですが、相当大きな地震が来ても、パネルの上昇は4~50センチと見られていました。

今回、地震28分後の津波の探知では、1メートル85センチも水位が上がったそうで、想像を超える巨大地震の発生に科学者達に緊張が走ったそうです。

太平洋の全地域に津波警報が出されたのが一時間後。
ハワイでは市民防衛局が津波警報のサイレンを鳴らします。
このセンターでサイレンを鳴らしているわけではありません。

Photo_9

太平洋地域と言っても、ここでは、ほとんど全世界の海を監視。
南米で地震が起きると日本に津波警報を出すのもココからです。

世界400箇所の地震計が地震を察知すると即座にアラームがなるんですが、私が居た間にも5~6回、そのうち東日本大震災の余震は2回ありました。
マグネチュー度が6以上になると、取材も中止です。

Photo_10

この上の写真は、今回の地震後、津波が太平洋を渡っていく様子です。
海底の深さ、潮などで速度は違うそうですが、深い場所では早く、浅い場所では波は高く、遅くなるそうです。

サーディナ博士の話は大変興味深く、2時間ほどたっぷりと講義を受けてきました。
こんな機会を与えてくれた津波センターに感謝です。
ビクター・サーディナ教授、ありがとうございました。

| | コメント (2)

ジェークから日本へ

Photo

地震から2日後のワイキキ。
ハワイのウクレレ・アーティスト、ジェーク・シマブクロのチャリティコンサートが行われました。

この日、ニュース番組である私の番組のコーナーは、
地震情報の特別プログラムになっていたので、コーナーは中止。
家で放送の待機をしておりましたが、夕方、娘とここへ出かけました。

この日、ワイキキではホノルル・フェスティバルが行われていたため、バスでワイキキへ。

ワイキキの特設会場ではたくさんの人が集まりました。

Photo_2

ホノルル・フェスティバルの一環として行われましたが、
地震後すぐに日本のために何かできないか!とジェークからの声で始まったそうです。

Photo_3

ジェークの思いを込めて演奏された「桜」では、涙がでました。

日本からも平井大くんが登場。
澄んだ歌声とウクレレに心が癒される気がします。

Photo_4

会場は、どんどん人が増えてきます。

Photo_5

この日、1時間ちょっとのコンサートで1万7千ドルの募金が集まりました。

Photo_6

マノアDNAとジェーク。

ありがとう。

娘と大の仲良しM子さん次男のM君もほんの少しお手伝い。

Photo_7

看板もっていただけ?と言う話もありますが、子供の笑顔にホッとさせられるM子さんと私。

それでも、この日の真夜中、枕かかえて「津波がばーばのうちに来た!」と、怖がる娘と一緒に寝かされた。

ずーっと2台のパソコンで日本からのニュースを流し続け、
テレビでCNNをかけっぱなしにしておいたのは、良くなかったみたいですね。

それでも、大好きなジェークに声をかけてもらい、でっかい笑顔でおやすみ!とベットに向かったのにね。

Photo_8

一緒に写っているハンサム・ボーイズはアロハストリートゆかりんのお子さん達。

ステージの上に足が痛くて登れなかった私、下からゆかりんの左手と一緒に撮影していましたsweat01

ハワイでは、毎週末のようにあちこちでチャリティが行われています。
先日伝えた「ALOHA]のTシャツもあちこちで着ている人を見かけます。

暗闇にまぎれそう(?)なジャスミンも、輝く笑顔!
うちの母は、計画停電で真っ暗になった夜、ジャスミンがいればなぁ・・・と言っていました。
3時間でも4時間でもラジオ以上に賑やかな事でしょう・・・。

Photo_9

| | コメント (6)

ALOHA

Photo_2

チャリティ用のTシャツを着て、微笑む日系人のお父さん。

地震の夜から良く寝られないと言っていた。

故郷日本の悲鳴が聞こえるんだって。

遠くにいて、何も出来ない苦しみ。

思いをALOHAの言葉に込めて微笑んでもらった。

Photo_3

普段は十代の若者で賑わうこのショップも、この日はTシャツを求める老若男女で賑わっていた。

Photo_4

パールリッジ・ショッピングセンターにて。

ご無沙汰しました。
何度もブログを更新しようと思いましたが、書いては消し・・書いては消し・・・・
言葉が見つからず。

しばらく休んでいました。

毎日、祈ってます。


| | コメント (4)

東北沖大地震(東北・関東大地震)

昨夜の地震の一報から、完全に徹夜をしてしまった。

津波の映像は、こちらでもどのチャンネルを回してもやっていた。
悲惨な映像が繰り返し流されています。

ハワイでも津波警報のサイレンが一時間おきに鳴り響き、
日本の母に電話をするのに100回くらい電話をしてもつながらず。。。

結局つながったけど、東京でも相当揺れたらしく、
地震後2時間経っていたが、まだ手が震えていると言っていた。

Photo

ホノルルの街、朝6時半。
津波はハワイに到達しましたが、今のところ大きな被害の情報は入ってきていないようです。

昨夜は11時前、ハワイ島でもマグネチュード4強の地震があったらしい。
火山活動が活発化しているハワイ島では小さな地震が頻発に起きている。

この地球に何かが起こっているのだろうか。

Photo_2

現在のホノルル。
海に浮かぶ無数の船舶。

Photo_3

現在ハワイ時間3月11日午前8時20分。
まだ津波警報は解除されていません。
ホノルル空港も閉鎖中。

ショッピングセンターもほとんどが休みになる。

日本で大きな事件が起こると、居ても経ってもいられない気分になる。
仕事柄と言うよりも、まず思い浮かべるのは年老いた両親。
家の中はあちこち壊れたらしいけど、(捨てられない物が多すぎなんだよね)・・でも、無事でよかった。

日本のみなさんの無事を祈っています。




| | コメント (8)

横須賀・江ノ島・ハワイへ

日本での最終日は、早起きしてこんな日の出を見ていた。

Photo_2

横須賀のとある場所。
ユージのマンションのベランダから。

朝日があがる向こう側は千葉県。
東京湾がもうすぐ太平洋に抜けるホンの手前、浦賀水道。

Photo_3

ヨットハーバーに隣接したマンションに弟夫婦は暮らしています。
兄弟そろって海の見える場所がスキでね~。
うちからのハワイの眺めも最高だけど、ここもゴージャス!
目の前の浦賀水道をアメリカ軍の巨大空母が目の前を通ったり、
伊豆諸島いきの水上バスや、大小の小船やタンカー。
狭い間を本当にたくさんの船が行き来する。

一日見ていても飽きないな、こりゃ。

それに東京が寒い寒いって騒いでいてもここは三浦半島の南端近く。
あったかい。

Photo_4

床に寝転がって日向ぼっこのジャスミンとのんの。

Photo_5

「ホラ、出かけるよ!」で同時に耳を立てて(?)振り向いた。

今日は、江ノ島方面にお出かけ~。

Photo_6

助手席はもちろん、ジャスミン。
ユージのひざの上にいるのんのがちょっと憎い。
のんのの勝ち誇った顔を見つめるジャスミン。
(学校から帰ったジャスミンがこのブログを見て、ママ!違う!と怒られてしまいました。
のんのが羨ましくて見ているのかと思ったら、ジャスミンの方に来て膝にのんのを抱きたかったから!見ていたそうです。ハイ、ちゃんと訂正しましたよ。ジャスミン!)

車窓から見えたのは、これよ!

Photo_7

shine富士山shinefujishinefujishine

やっぱ、日本に帰ってきたら、東京タワーと富士山が見たくなる。

湘南方面大渋滞でした。

江ノ島は何年ぶりだろう。
ここから大磯にかけては一時、毎週のように通ってたなぁ。

Photo_8

江ノ島の展望台から。
あまりにまぶしいので、目が開けられまへん。

Photo_9

結構笑えたのは、ココまで登ってくる江ノ島エスカーなるもの。
料金を払えば、エスカーで頂上まで4分!
階段を使うと20分!っつう売り込みで、チケット買ったよ!

大人350円。
どんな乗り物・・???
ロープーウェイみたいなの?

・・・・・これが・・・・・down

S_088

impactただの・・・エスカレーターsign02

江ノ電さん、ちょっとビックリしてしまいました。
片道だけだし・・・
私・・・膝のじん帯切ってから下りも結構きついのねぇ。

日本ってなんか不思議。
エスカレーターならただでもいいのにね。

帰りは参道で「江ノ島もなか」を買い込んで、おいしそうなお店で、
「江ノ島海鮮丼」をいただきました。
おいしかった。

Photo_10

この日は、羽田からハワイへ向けて帰国の日。
横須賀に戻り、荷物を積んで羽田まで送ってもらいました。
ユージ、たえちゃん、ありがと~~!お世話になりました。
ほんと、楽しかった♪

空港でのお別れはいつもつらい・・
ユージと分かれるのは、ジャスミンにとって・・・
涙・・・涙・・・・・。sweat02

トイレに行って泣き顔をチェックしているところは大人になったもんだ。
そして、搭乗口では、この笑顔。


Photo_11

この夏、日本に又、帰りますよ~♪
あと4ヶ月ほど~。
待てない~~~~!

| | コメント (2)

2ヶ月前になっちゃった!

初詣は、東京の高幡不動尊に出かけてきました。

Photo

ここは、だるま市とか有名で何度か生中継でお邪魔した事がある。
とってもやさしいお坊さんが説明してくれたなぁ・・・。

元旦の高幡不動尊、そりゃ、めっちゃ混んでましたよ。

Photo_2

あ~、この鳥の皮?どんなのなのぉ~?

Photo_5

弟夫婦と出かけたんだけど、ラッキーな事に近くに車を止められ、裏口から境内に入り、又裏口から出て・・と、あまり混まない所を通りました。

母と弟嫁たえちゃんの後姿。

Photo_3

昔の人なのに背が高かった母。
やはり、随分と小さく見える。

同じ二人連れでもこっちはかなり妖しい。

Photo_4

弟ユージとジャスミン。

渋滞している車からすっごい注目されてたわ。


「ホラ!前、進んでますよ~!」って教えてあげたいくらい。
あっはは、おもしろいから少し離れて観察しつつ歩いたわ。

ジャスミンは、11歳。
今でもどこに行くのも手をつなぎたがる。
小さい時から、どこへ行っちゃうかわからない子だったので、
いつも手をつないでいた癖が抜けない。

ハワイでは、11歳以下の子供を一人で歩かせる事もできないので、ショッピングモールでもどこでも手つなぎ。

日本で3歳の子がトイレに一人で行って殺されたとあった。
本当にかわいそうでいたたまれない。
ご両親の事を思うと涙が出てきます。


日本に行くと、小さい子供が一人で歩いているのを良く見かける。
スーパーでもお菓子売り場に子供を置いて、お母さんは買い物を済ましている。

平和な光景だと思う。

アメリカでは、人を見たら殺人者と思え!見たいなところがあるから、いつも子どもの手が離せない。

でも、もうそろそろ、日本も変わってきてもいいのかも。
親が子供を守る。
自分で判断のできない子供達は、大人が守る。

そんな社会を本当に残念に思う。

| | コメント (6)

ガールズデー♪

Photo_2

うちのお雛さま。
3段飾りなんだけど五人囃子や三人官女など15人揃っているので出すのも大仕事。

このお雛様、少し髪の毛が乱れちゃってるね。
ここ2~3年はジャスミンと一緒に出してるから、ドカっと並べられちゃう。
もう少しやさしく、そして髪の毛くらいなでてあげればいいのに。

って、写真撮るまで気が付かなかったんですが。

ハワイでひな祭りは「ガールズデー」。
ジャスミンのクラスでは、この日、ランチを配ったり片付けたり、全て男の子達がやってくれたそうです。
ただし、5月5日はハワイでは「ボーイズデー」。
この日、女の子が代わりにやるんですけどね。

母が、今年は奥に入っちゃったお雛様を出すのが体力的につらいので出すのをやめにした、と言っていた。

・・・・それって・・私、嫁に行けなくなるじゃん。。。。って、

。。。flair・行ったんだった、もう忘れてたから!

・・・・・ catface

昨日のガールズデー、ご近所M子さんとランチに出かけました。
あ~、楽しかった♪

さぁ、今日はこれから仕事・・・深夜まで。

頑張るわね~!

| | コメント (4)

オリガミドー(折紙道)

Photo

日本の言葉が世界の共通語になっている言葉って結構ある。

カラオケ・マンガ・テリヤキ・ワサビ・オタク・・・・などなど。

折紙だってORIGAMIで通じます。
本屋さんに行くとたくさんのORIGAMIの本が売られていますよ。

ワイキキのインターナショナルマーケットの2階に折紙のギャラリーを見つけました。

Photo_2

diamondOrigami Do diamond オリガミ ドーdiamond

ここでは、世界的に有名なオリガミ・アーティストが作った作品が並んでいます。
最初の顔の写真も一枚の紙から折ったもの。

Photo_3

これも一枚の紙から・・・すごい!

布を折り、壁に灯かりをともすと・・・

Photo_4

素敵でしょ~?

Photo_5

リチャードさん(左)とマイケルさん(右)

お二人ともオリガミ・アーティストですが、マイケルさんの作品はルーブル美術館やマサチューセッツ博物館に展示されたこともあるそうです。

私も「鶴」や「やっこ」なら・・折れます~!coldsweats01

私の目を引いたのは「マネー・オリガミ」
「ダラー・オリガミ」とも言うらしい。dollar

Photo_6

お金を折るのは抵抗があるけど、こっちの人は平気。
チップをあげるとき、こうやると喜ばれるでしょう?って。

Photo_7

天使。。。もったいなくて使えなくなるわね、

私はお札は新札がスキ。
ドル札でも円でもピシっとしてるのがいい~。
新札のニオイもスキ!(変?)

ここでは、オリガミ教室も行っています。
もちろん、希望があればドル札のオリガミも教えてくれます。

今回も、私が取材中、大人しく待っていたジャスミン。

Photo_8

オリガミっておもしろい~って事で、かわいい模様入りのオリガミを買って帰りました。

Photo_9

本やDVDなども販売しています。

ワイキキ・インターナショナルマーケットをカラカウア通り側から入ってすぐ右の2階。

 clipORIGMIDO

| | コメント (4)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »