« APECとトリ・リチャード | トップページ | DOWN to EARTH(ダウン・トゥ・アース) »

ミシェル・オバマさんの農場訪問

Photo

今回のAPECでオバマ大統領とともにハワイ入りしたミシェル夫人。
ハワイで精力的に活動をしていました。

ミシェル夫人が推進役を勤める「レッツ・ムーブ」。
3人に1人が肥満と言われるアメリカの子供達、肥満が原因とされる成人病の増加など問題は深刻です。
そこで昨年、子供の肥満撲滅運動として「レッツ・ムーブ」を立ち上げました。

食生活を見直し、体を動かそう!というものです。

今回、ミシェル夫人が訪れたのはオアフ島西、ワイアナエにある
「マオ・オーガニック・ファーム」

Photo_2


貧困や麻薬、アルコール中毒に悩まされているワイアナエ地区の若者を支援するために2000年に作られた完全オーガニックの農場です。
今では、高校や大学の補習授業に使われ、農業と人材育成のため学生達の手によって農作物が作られています。

Photo_17

今回の取材もホワイトハウスのファーストレディ部に直接メールして取材許可をいただきました。

Photo_3

APECのプレスカードと今回の取材許可証。

Photo_4


報道陣のセキュリティ・チェック中。
カバンの中の全て(ポーチの中身まで)、ボディタッチ、金属探知機、全て行われました。
私の見る限りでは今回日本のメディアは来ていなかったようです。
ファーストレディのSPの一人は日本語が片言話せて、
やたらと気を使ってもらって、「こっち、どぉぞぉ、来てくださぁい。」と私を呼んでくれました。
お陰でいいカメラ位置が取れました。

Photo_5


ミシェル夫人が到着する前、SPに囲まれて報道陣の移動。
畑の端でミシェル夫人を待ちます。

Photo_6


ミシェル夫人付きのSPも登場。
のどかなワイアナエ山脈と畑にスーツ姿・・・。

Photo_7


仕事です。
でも後で見たら、革靴が泥だらけになっていました。sweat02

ミシェル・オバマさん登場。
背が180近くあるでしょうね、スタイルも抜群。
まるでモデルさんのようです。

Photo_8


学生達に案内され農場を見学。
その後、学生さんたちと意見が交わされました。

Photo_9

子供達と農業や食生活の話をしながら、笑いも耐えません。

Photo_11

ユーモアがあって暖かくて、私もミシェル夫人の大ファンになってしまいました。

Photo_13

ハワイの記者からのリクエストで「シャカ!」

Photo_15


私の隣に居たワシントンポストの記者に「シャカのあのサインはどういう意味?」と聞かれました。
そうか・・本土の人でハワイに来たことがなければ知らないのね。

Photo_16


今回のミシェル夫人の車列はパトカーを先導に10台ほど。

2時間ほどの滞在でしたが、それも時間を大きくオーバーしていたみたいで、意見交換会の最後の方では、秘書と思われる女性達から何度も合図が出て、学生の一人が「時間だって言ってますよ!」とミシェル夫人に教える場面も。

ミシェル夫人は「時間っていうのは、作ろうと思えばいくらでもつくれるのよ、大丈夫よ。」とやさしく言っていました。

人柄が出ていますよねぇ。
知的で美しくてユーモアがあって、最高、ミシェル夫人!

|

« APECとトリ・リチャード | トップページ | DOWN to EARTH(ダウン・トゥ・アース) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

火曜日の放送heart04楽しく拝聴しました。
ファーストレディのとてもフレンドリィ~な雰囲気がとてもよくわかりましたlovelyとてもチャーミングな方ですね。
SPさんはどこの世界も大変ですね<いま、私の勤務先にも御方がお泊りのため、ものすごい数のSPさんがおいでです>wobbly
自己紹介のお話、え~年齢も言うんだ~ってびっくりでした。
少々サバ読みは、なしですか?
ジャスママさん、お疲れ様ですhappy01

投稿: セツコ | 2011年11月23日 (水) 19時48分

セツコさんへ

コメントありがとうございます。
感謝祭など又忙しいシーズンで、目を回してます!

APECの後、ほんの少し休んで又パワー全開。
どこまでやれるか!

そーすっと、日本が待っているわけで。
忙しくても、日本に帰国の楽しみには代えられません!

ミシェルさん、48歳!
いっさいサバ読みなし!
かっこいいなぁ、そんなとこも。ねぇ!

投稿: ジャスまま☆ | 2011年11月27日 (日) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« APECとトリ・リチャード | トップページ | DOWN to EARTH(ダウン・トゥ・アース) »