グルメ・クッキング

DOWN to EARTH(ダウン・トゥ・アース)

Photo


ミシェル・オバマ夫人の農場訪問の取材を終え、朝4時おきでバナナ1本しか食べていなかった私が飛び込んだのは、カポレイに新しく出来たダウン・トゥ・アース

この時間で午後2時ごろ。
お腹と背中が引っ付くかと思った。(イヤ、ない!ない!)
一人ご飯がダメな私ですが、車の中で食べてもいいと思ってデリに直行。

ここは、ベジタリアン・メニューなので、ラザニアと言ってもお肉は使われていないんだけど、お腹が空いていたのを差し引いても相当の絶品でした。
デリを見ちゃった私は、もう我慢ができなくて、店内で食べましたよ。

Photo_2


ここなら、空いていて一人でも大丈夫。
新しい店内きれいに詰まれた野菜などを眺めながら、本当はがっつきたいのを我慢して、今日の農場訪問のプレスリリースを読み返しながらのランチ。

これなら、又出来そう、私の一人ご飯。

clipダウン・トゥ・アース

Kapolei_3

4460 Kapolei Parkway, Suite 320
Kapolei, HI 96707

Phone: 808-675-2300



| | コメント (6)

カフク・ファーム(KAHUKU FARMS)

Photo


ハワイでファーマーズ・マーケットが空前の大ヒットになっている。
私が来た10年以上前は、ホノルル市がやっている朝市があっただけだった。

このブーム、2003年にカピオラニ・コミュニティ・カレッジの駐車場で始まったいわゆるKCCの朝市から火がついた。

今では、ノースショアのハレイワや、カイルア、ハワイカイ、そして先月からカカアコやアラモアナ・ショッピングセンターの駐車場でも始まった。

そして今月からは、ワイキキのロイヤルハワイアンSCでも始まる。

もともとは、ハワイの小さな農家を応援する事から始まったファーマーズマーケットも、これだけ数が増えると小さな農家はファーマーズマーケットに終われ農作がおろそかになると言われている。

それでも、私も大好きなファーマーズ・マーケット。
ハワイにたくさんのブランド農家も登場しました。

その一つが、カフク・ファーム

ファームの4代目のマネージャーであるカイリー・マツダさん。

Photo_2


カフク生まれで農場育ちと言う彼女、農場と都市を結び、農場の歴史や知識をたくさんの人と分け合いたいと、カフェ・スタイルの売店と農場のツアーを始めました。

Photo_3


トラクターでの農場ツアーは、一時間近くかけて農場を一周します。

Photo_4
(ウェブサイトより)

アサイベリーの木やリリコイ(パッションフルーツ)、林のようにたくさん植えられたパパイヤの木など。
なんといっても、ここのアップル・バナナの木のトンネルは見もの!

Photo_5

この日も、娘のジャスミンと取材に出かけたんですが、このトンネルは親子で口をあんぐり!

アップル・バナナって、実が小ぶりだから木も小さいのかと思ったら、大きい!

Photo_6

カイリーさんが小さく見えます~!

ジャスミンが怖がったバナナの花。
すでに実がなりかけていますね。

Photo_8

彼女は農場で試験的にいろいろな物を作り始めました。
カカオにドラゴンフルーツ、そして栽培がむずかしいとされるバニラ・ビーンズ。
(2枚目のカイリーさんの写真、バニラビーンズと写っています)

ここで採れたバニラビーンズを使ったアイスクリーム、是非パパイヤと一緒に食べて!

Photo_9


うっまーーーーーーーいhappy02

売店では、農場で採れた蜂蜜などを使ったさまざまな商品がいっぱい。

Photo_10
(ウェブサイトより)

リリコイ・ジェリーは、パンケーキにかけても、ヨーグルトに混ぜても、最高でした。

このカフェスタイルの売店のスムージーは、私が出かけた日もお客さんが次々と来て買っていました。

テラスの目の前に広がる雄大な自然。
ノースのドライブ途中、是非立ち寄ってみてね。

Photo_11

clipカフク・ファーム(KAHUKU FARMS

営業時間:金土日の3日間のみ。
       午前11時から午後5時

ツアー:できれば予約をお願いします。

電話:808-372-7522

Photo_12

*本題とは関係ありませんが、先日驚くことがありました。
おととい、ブログのアクセスをチェックしたら、椅子から転げ落ちそうに!
ヤフーニュースの海外ニュースでカリフォルニアのフカヒレ禁止令のニュースで、すでに禁止されているハワイ州と私のブログが取り上げられました。

http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?b=43&c=world&t=d

すっごーい!ヤフー。

| | コメント (12)

アラモアナ・ファーマーズマーケット

Amfmlogo_400


9月から始まっていますよ。
毎週土曜日、朝9時から~午後1時まで。

開催初日に親子で出かけてきました。

Photo


KCCの朝市は大好きなんだけど、あの混み方!
パーキングを探すだけで疲れてしまうので、最近は本当に行かなくなってしまいました。

アラモアナショッピングセンターは、うちからも近いし、駐車場での開催なので、車を止めるところはいっぱい。

さぁ、いよいよスタート。

ハワイの祈祷師によるブレッシングです。

Photo_2


若者のふんどし姿にちょっとドキドキ。heart02
ハワイ語のチャント(祈り)も素敵でした。

Photo_3


よく見ると、父の会社の人にソックリな人いたなぁ。

ホノルル市長も訪れてテープカットならぬ、リーフカット。

Photo_4

初日と会って大変な混み方でした。
聞いたところによると、今はだいぶ落ち着いてきているらしい。


Photo_5


あちこちで試食が配られていたりするのはKCCと同じ、食べると買いたくなっちゃう!

Photo_6


しょっぱ甘いポップコーンは、親子で大好物。
大きい袋、6ドル!お買い上げ~。

Photo_7


ちょっと大き過ぎcoldsweats01

ここでは、取材でお邪魔した懐かしい顔にたくさん会えました。

Photo_8


シーアスパラガスのウェンハオさん。
カフクの農場にもお邪魔しました。
手に持っているシーアスパラ入りいなり寿司、ジャスミンの大好物です。

Photo_9


オアフ産バターのモニークさん(中央)。
ワイアナエの牧場で乳搾りもさせていただきました。

他にあの「オノポップス」のジョシュアさんも。(写真忘れました!)

そして、パシフィクールのジンジャエールやグリーントマトのお店などKCCで人気のお店も出ていました。
近くて便利になったので、ちょくちょく親子で出かけますよ~!


clipアラモアナ・ファーマーズマーケット

アラモアナショッピングセンターの西より、シアーズ側。
毎週土曜日、朝9時~午後1時

*駐車場の上なので、結構日差しが強いです。早い時間がお勧め。

| | コメント (2)

限定スパム缶

Img_can

一般公募の中から選ばれた新しいスパム缶。

スパむすびを握ってのシャカサイン!
これ、高度なわざだよねぇ。

期間限定で売り出すそうですよ~!

見つけたら、すぐゲットしましょ♪

clipスパム缶・ホームページ

| | コメント (0)

カハラにくるくる寿司

Photo


ハワイのローカルに大人気のshine「KURUKURU寿司」shine

一軒目は、パールリッジショッピングセンターの目の前にあるが、夜は一時間待ち。
並ぶのキライなハワイの人がじっと我慢をしてでも食べたいお店。

新しいお店が、カハラモールの中にOPEN!

先月になりますが、親子で食べに行って来ました。

Photo_2


この日は、オープン前日。
招待されて行ったんですが、大盛況!

Photo_3


日本から運んだと言う流れる?テーブルの上を、おいしいそうなお寿司がいっぱい。

Photo_4


ハワイには、他に人気の○気寿司とかあるけど、
私は、ここのほうがスキheart04
オーソドックスなマグロやはまちは、コッチの方が断然おいしい。

Photo_5


日本のような種類はないけど、ハワイにはハワイらしいお寿司があって、ジャスミンは目の色変えて動くお寿司とにらめっこ!eye

Photo_6


大好きなうなぎ入り~。scissors

Photo_7


暑い日にはこの冷奴も人気!

今回、ご招待してくれたのは、キングストリートで「はな火」と言う小料理屋さんをやっていた(そう、もうないのねぇ~~)後藤さん。

Photo_8


実は、この「KURUKURU SUSHI]は、息子さんがやっていたのです。
「もう、僕は引退!」なんておっしゃっていましたが、
また、ご夫婦で作り上げる日本食、食べたいなぁ。

ですから!

お魚もいいもの使ってますよぉ~!

私達親子、気が付いたら・・・・・

Photo_10


impactこぉ~んなに。。積まれたお皿~!sweat01

カハラモールにお出かけの際、是非!
カハラモールでは、食べるところがあまりなかったので、うれしい。
親子でリピート確実!

流れるお皿をにらむ親子を見かけても、怖がらないでくださいね~~♪

*カハラモール、映画館の手前です。

| | コメント (6)

オノポップス

日本から帰って着ました!

ご無沙汰しておりました。
実家はPCがなく、脱PC2週間以上、なんの不便も感じませんでした。
根っからのアナログ人間だな。

さぁ、又ハワイでの2人っきりの親子生活が戻ってきたわい。
寂しいような、うれしいような。catface

そんなセンチな気持ちもハワイに戻ってすぐに始まった仕事とジャスミンのお弁当作りですっとんでいく~。

まずは、昨日、番組で紹介した「オノポップス」。
(時差ぼけで現在ハワイ時間、朝5時前です。crying

Photo


日本で言うところのアイスキャンディー。
英語ではアイスポップ。
ペロペロキャンディーはロリポップ。

オノはハワイ語で「おいしい」の意味。
ハワイ生まれのオノポップス、グルメなアイスキャンディーでハワイで人気急上昇中です。

さっそく、オノポップスの工場にお邪魔しました。

Photo_2


オノポップスはハワイ生まれのジョシュアさんとジョセフさんの兄弟がやっています。
アメリカ本土でシェフをしていたジョシュアさん、弟のジョセフさんに「ハワイでアイスポップを作らないか?」と誘われます。

シェフがアイスキャンディーなんか!と初めは思うんですが、そのうちシェフにしか作れないアイスキャンディーを作ろう!とハワイに戻り2009年、オノポップスを立ち上げます。

一番人気はコナラテ。
ダークローストしたコナ・コーヒーの香りが最高です。

Photo_4

出来上がりをドーン!
この工場では、多いときで7~800本のオノポップスを作ります。

暑いこの季節、冷たいアイスキャンディーの季節~。
一年中夏のハワイでも、子供が夏休みになるこの時期が一番忙しい。

Photo_3


オノポップスは、ただジュースを固めただけじゃありません。
シェフのこだわりでユニークなフレーバー(味)がいっぱい!

Photo_5

甘くて辛い?マンゴー・ハバネロ・ライム。

Photo_8


イチゴとゴートチーズ。

Photo_10
梅タイバジル・・・・・・。

ここのイラストはフレーバーに負けないくらいユニーク。

この日は、たくさんの試食もさせていただきました。

Photo_11


オノポップス一本づつ試食をしていたらお腹いっぱいになりそうだし、冷えちゃいそうだ!という事で、少しづつ切り分けてくれました。

しかし!この切り分ける包丁が巨大で・・
一気に体が冷たく凍りついた私。sweat01

そうとは知らず、大きな体を丸めてかわいいポーズを決めてくれたジョシュアさんでした。coldsweats01

キャラメル醤油味・・おいしかった~。
塩キャラメルみたいな感じ、もっとコクがあるかも!

ジョシュアさんが今まで作ったフレーバーは50種類以上。
失敗作は・・・サイミンキャンディー。

サイミンはハワイ風ラーメン。
チャーシューもナルトも入ったアイスキャンディー。

うっげ~~~!でしょ?

一部の人には、「冷やしラーメンみたいでおいしいッ!」と評判だったとか。

でも、今は作っていません。ご安心を!

ハワイ産の食材にこだわり、オーガニック素材を使用。
グルメなオノポップス、ハワイに来たら食べてください~。

ホールフース(カハラ)、マルカイ、ホノルル・ニールブレイズデルセンター水曜の市などで購入できます。

clipオノポップス

| | コメント (8)

ワイキキのNEWレストラン「SHOR」

Photo

ワイキキのハイアット・リージェンシーに新しいレストランがOPENしました。
先日、オープニング・パーティに招かれ、時々取材を手伝ってもらっているアシスタント的存在M子さんと出かけてきました。
二人とも子供を預けての夜のお出かけ。
ずっとこの日を楽しみにしていました。

Photo_3

ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・ビーチリゾート&スパにオープンしたのは「SHOR」。

ワイキキビーチを一望できるテラス席と、ビーチリゾートとは思えないような都会的なセンス溢れる店内で素材にこだわったシーフードとおいしいステーキがいただけます。

Photo_4


2つ仲良く並んだM子さんと私のモヒート。
ここのモヒート、おいしかったぁ~。

私達はテラス席でお食事をいただきました。

Photo_5

新鮮な魚介類、生牡蠣もロブスターもカニも身がきゅっと引き締まっていて、最高です。

この後スイカのサラダ、そしてステーキと続きますが、暗くて写真がうまく撮れず・・・。
ここのフィレ・ミニョン、本当においしかったです。
お肉はナイフですっと切れるほど柔らかく、ソースも絶品でした。

デザートはリージェンシー・クラブに移動します。

Photo_11

ここは、リージェンシーの会員の方が利用されるラウンジ。

Photo_6

明るいうちに写真を撮りました。

ディナーの後のデザートは、ここのお部屋に用意されています。

Photo_7

コーヒーは、エスプレッソに近く、濃くてうっま~。
チーズケーキとチョコレートケーキを2つぺロリ。
一口サイズですよ!

コーヒーを抱えてテラスに移動しました。
ハワイでは夜トーチに火が灯るのが当たり前ですが、こちらでは、こんな感じ。

Photo_8


その上、ソファはゆったり、暗めの照明で。

Photo_9


この景色は、まるで飯倉か麻布あたり?

Photo_10


きれいな女の子が歌を歌っているのですが、静かなジャズ風の歌で、ハワイアンじゃない!
それにこの景色だもん。
M子さんと。。。
「なんか、遥か昔を思い出しちゃうよねぇ~~。」と、
子供もだんな(M子さんだけね)の事も忘れて、うっとり、しっとりと夜は更けていったのでした。

ここのレストラン、私的にはかなりハイランク入り。
目の前ワイキキなんだけど、ワイキキじゃないみたい。
又、必ず行きますよ~。

・・・・・ワイキキじゃないみたいだけど・・・・・
こういう景色が見られちゃうのは、やっぱ、最高です。

Photo_12


clip
 SHOR

| | コメント (4)

超お勧めのバルサミコ!

Photo

初めてこのバルサミコと出会ったのは、ワードウェアハウスの朝市だった。

あれから、ワードに姿を見なくなった。
バルサミコにガーリック。
これがマジ、超うま、激うまッ。

パンにそのまま付けてもいいし、サラダでもパスタでも何でも。

先日、用事があって出かけたウィンドワード・モール。

こんなところで見つけちゃったのよ~。


平日の夕方にファーマーズ・マーケット。

Photo_2

このファーマーズ・マーケット、結構いい!
下手したら、ホノルルのニールブレイズデルでやっているのより、上をいってそう。

Photo_3

ここのオイルは試食が出来て、小さいボトルで12ドル、
大きいボトルが22ドル。
少し高めだけど、本当においしいし、オイルだからそんなに減るもんじゃなし。
大きいボトルをお買い上げ。
日本に行く時には、母にも買って帰ろう。
重いので小さいビンね。

Photo_4

あと、ここで忘れちゃいけないのは、ポップコーン。
あっという間に食べちゃって写真を忘れたけど、
「Da Kine Kettle Corn」

ほんのり甘くて、固め。

止まらん~~~、助けて~~!

ここのファーマーズ・マーケット、野菜や花もたくさん、そして結構グルメな食品も売っているので、時々お邪魔する事に決定。

うちからだと、パリハイウェイで山越えて、ピョーンと15分~20分。
そんなに遠くないし、ドライブ好きの娘も大喜び。
水曜だったら、学校終わるのも早いしね。

さぁ、今晩は、これで茄子とベーコンのパスタね。

clipウィンドワード・モール・ファーマーズマーケット

毎週水曜日、午後3時~8時
メイシーズ側一階通路にて。
予定では2012年の1月25日まで。

ウィンドワードモールの地図です。

| | コメント (4)

メネフネ・マックのチョコレート

Photo

ねぇ、みているだけで優しい気持ちにならない?

メネフネ・マックのホワイトチョコレート

  shineパイナップル・スノーshine

ほんわり甘酸っぱいパイナップルの香り、そして大粒のマカデミアナッツがゴロゴロ入ってる。

Photo_2

ほんと、おいしい!コーヒーに合うよぉ~~~。

メネフネマックのチョコレートは、ニーマンマーカスにも置いてあるけど、是非、工場に直接買いに行っていただきたい!

前もって予約すれば、無料で工場体験ツアーにも参加出来ます。

Photo_3

朝8時半からツアーはスタートします。

Photo_4

工場の中は甘い香りに溢れていました。
この香りの中にいるだけで、幸せな気持ちになっちゃうよね。

Photo_5

工場の従業員はベテランぞろい、20年勤続とか、居心地がいい工場、いいチョコレートが作られていく秘密。

見学の最後には、自分でチョコレートを詰める作業を体験。

Photo_6

なかなかきれいに入れるのがむずかしい!

Photo_7

形悪いし、こぼれてる~、でもおいしかった~!

Photo_8

気になるメネフネのマック君。(メネフネはハワイの妖精です)
工場内あちこちにいますよ。

Photo_9

こんなかわいい貯金箱を発見。

Photo_10

日本の観光客にゆるキャラブームで人気だとかで売り切れ!
携帯ストラップとか、作ったら?とお願いして見ました。

ここの工場のいいところは、全商品全て試食できます。
お腹いっぱいになるほどチョコレートが食べられます。
おいしいハワイ産のコーヒーか紅茶も飲み放題。
実に太っ腹なサービスです。

私のおなかも上のメネフネ・マック君にようになっちゃいました~。
flairあッ、試食前からでした。coldsweats01

1939年創業、ハワイで一番古いマカデミアナッツのチョコレート工場でもある、メネフネ・マック。

是非、工場へ出かけてみてください。

私のお勧めは、
パイナップル・スノー、そしてあられせんべい入り・ダークチョコレートと、糖尿のうちの母用にノンシュガー・チョコレート

clipメネフネ・マック

| | コメント (14)

マラソン前のカーボローディング

ホノルルマラソンが近づくと、

diamondカーボローディングdiamondと言う言葉が目に付くようになる。

これは、マラソンを走る数日前から、炭水化物をたくさん摂る食事法。
長い距離を走るには体内のグリコーゲンが大切なエネルギーになるため、グリコーゲンの元になる炭水化物などをレース前に体に溜め込んでおくんだそうです。

知りませんでした。
私の場合、普段から、炭水化物は溜め込んでいるんですがね。
発散してませんから。coldsweats01

そこで、ワイキキで10年以上、ホノルルマラソン・ランナー向けにスペシャルメニューを出している「アランチーノ」に行って来ました。

Photo

アランチーノは、ワイキキに2店舗ありますが、この日はマリオット店。
ここは、オープンテラスの席が気持ちいいんですよ。

そう、アランチーノは、私も大好きなお店。
取材に行くと決まってから、とても楽しみにしていました。

店内はイタリアの街角のよう。

Photo_2

クリスマスの飾りも素敵です。

Photo_3

オーナーの稲村さんにお話を伺いました。
最近、カーボローディングを宣伝するお店が増えているそうで、メニューにご飯でも麺でも炭水化物があれば、どこでも出来ちゃうから!と笑っていました。
が、稲村さんによりますと、良質なグリコーゲンを摂取するには、パスタが一番だとか。

招待されるケニアの選手も、毎年アランチーノでカーボローディングしているそうです。

マラソン前日は、普段の4倍以上のお客様が訪れるそうで、朝の早いランナーが多いので夕方の早い時間から激混みするそうです。
待ち時間1時間以上になります。

取材がちょうどお昼だったので、ランチをいただきながらお話を伺いました。
時々は、いいですよね、おいしい~、幸せな取材でした。note

まずは、最高級の水牛のモッツァレラチーズとハワイ島のトマト。

Photo_4

稲村さんいわく、女性には大きいですがトマトもチーズもいっぺんに一口で食べてください。

スミマセン、楽勝です。
ハワイでは、水牛のモッツェレラチーズを出しているのは、ここだけだそうです。
コクがあってなめらか~。

Photo_5

これは、食事をオーダーすると出てくる焼きたてのフォッカシオ。
ローズマリーがたっぷり、オリーブオイルとバルサミコ酢でいただきます。
うっまぁぁぁぁ~い。

・・・・・おっと。
ちゃんと取材は続けていますよ。

・・・・そう、パスタが一番なんです・・カーボ・・あれ・・・???
                      この話はもう聞いたっけ。

そして出てきた、私のこのお店での一番のお気に入りheart02

Photo_6

トビコとイカのパスタ。restaurant

本当においしいわぁ。
ただ、取材なのに歯の間にトビコが挟まる・・はさまる。。。。catface
何回も稲村さんが余所見している間にお水でうがい。coldsweats01

アランテーノのパスタは、アルデンテです。
アメリカのパスタはうどんのように柔らかいですよね。
アメリカ本土からの観光客は、これは「調理がじゅうぶんじゃない!まだ生だ!」と言う人も結構いるそうです。
そういう時は、申し訳ございませんとだまって下げ、柔らかく調理しなおして出すそうです。

量も少なめなので、本土からの観光客には前もって、
うちは少なめですので、大盛り(確かもっとおしゃれな名前があった・・・なんだっけな?)にしますか?と尋ねるんだそうです。

日本人の観光客では、「お箸は?」「タバスコは?」「パスタはフォークとスプーンでしょ?」と言う方が多いそうです。

もちろん、にこやかに、そして何も言わず、すぐにお出しするそうです。
でも、イタリアの食堂をイメージして作ったと言うアランチーノ。
タバスコやスプーンにパスタをのせて食べる方法、ちょっとあわないかも知れませんね。

スパゲティって国によって食べ方に微妙な違いがあって、
私の友人のアメリカ人は、出てきたスパゲティ、いきなりナイフでめった切り。
細かくなったスパゲティをすくうように食べていた。
この食べ方をしているひと何人もみたっけ。
(あと、ピザをナイフとフォークで食べる人・・)

話はそれましたが、おいしく楽しい取材でございました。

稲村さん、ご馳走様でした。。。じゃなくッ・・・sweat01
取材の協力、ありがとうございました。

 clipアランティーノ

| | コメント (2)

より以前の記事一覧