音楽

ウクレレでギネスに挑戦!

Photo

先日、ワイキキでギネスに挑戦するイベントが行われました。

ウクレレを大人数で演奏をすると言うギネスの記録は、今年8月にスウェーデンのヘルシンボリと言う町で作られました。
1547人です。
その前は、2009年にイギリスのロンドンで851人。

・・sign02 何故?ヨーロッパでsign02

ウクレレの本場ハワイとしては、どうしても記録を塗り替えなければいけませんね!

心強いサポーターは、ジェイク・シマブクロさん。
今回の記録に挑戦するのもジェイクの曲「123」。

うちの娘も、M子さんのお宅のウクレレを借りて参加。
見様見真似でガンバッテおくれ!

記録に挑戦する前にジェイクのミニ・ライブ♪

Photo_2

客席にも飛び降りて目の前で演奏するジェイク。

Photo_3


この日は、本当に暑くて暑くてグッタリするほどでしたが、ジェイクの演奏で爽やかな空気が流れていきます。

ただし、30分前になっても2千人入る席が半分ほどしか埋まっていません。

Photo_5


ちょっと・・・・、大丈夫???

私の心配を他所に・・・・。

「み~んな、今、ここに向かっている途中だよッ!」

「ホラ、だれか友達に電話して、来てもらおうよ!」

え””~~、そんなぁ、のんびりかまえていていいんですかぁ?

とは言え、ハワイではウクレレは一家に一台のようなもの。
ウクレレ人口は世界一なのよね、絶対。

でもね・・・ハワイだからね・・・みんな来るか?の問題なのねぇ。

Photo_6


さぁ、いよいよ、数え始めます。
日本からギネスの公式審査員も来ました。

Photo_7


おばぁちゃま達もたくさんいらしてました。
お揃いの赤いレイがかわいい。

ギネスの審査員のカウントの後、いよいよ演奏です。

曲を全員揃って5分以上演奏しなくてはなりません。
ジャスミンもM子さんちのユウ君からウクレレを借りて演奏中。
この二人、ほんと仲がいい。

Photo_8



借りたウクレレは、カマカのもの。
お願い、ジャスミン、ぶつけたり落としたりしないで!

さて、気になるギネスの結果。

人数は・・・・1056人sign03

impactあっちゃ~、記録達成ならず!

   500人近く足りませんでした。sweat01

でも、参加した人たちから「ハナホウ!」(もう一回)の声が沸きあがり、来年もう一度挑戦することになりました。

夏ごろを予定しているそうです。

もっともっといっぱいの人に来てもらいましょう!

Photo_9


今回参加できなかった方、是非次回の参加をお待ちしていますよ~。

Photo_11

| | コメント (8)

6th Annual Duke's Ukes Contest !

行ってきました!

ワイキキの人気レストラン「DUKE'S WAIKIKI」 主催のウクレレ・コンテスト。

前日、寝たのが3時だったので、(原稿書き上げるのが遅い!)
起きられるか?!
でもね、起きるの得意な私、7時過ぎにスッキリ目が覚めました。

なんつったって、今日は私の甥っ子のような存在のM子さんちのボーイズが、コンテストのファイナルで出場するんだ!

予選を通るのさえドキドキだったM子さん、
今日は、平常を装いつつも、内心ハラハラだったよねぇ。

ジャスミンも「MY COUSIN」(マイ・カズン私の従弟)と呼んでいるユウ君。
そして憧れのレオ君。

最初の出番は、11歳から15歳部門で登場のレオ君。
派手なパフォーマンスの目立つ中で彼のウクレレは正統派。

Photo

レオ君の演奏で、静まる観客席。
聞こえてくるのは、心に響くレオ君のウクレレの音色と、
ワイキキビーチのサーという波の音。

いいねぇ、ジンとくる。

胸の中に染み渡っていく、自然に、そして深く深く。

なんか泣けるんだよねぇ、、、ねぇ。

彼のこの日の演奏をコチラで見てね。
私の雄叫びは気にしないでください。
スミマセン。sweat01

Photo_3

指が繊細できれいなのよね~。

この日の司会はハワイの人気司会者、リナ・ガール。

Photo_2


彼女の司会はテンポが良くて、おもしろくて、そしてほんわか暖かい。
大好きな司会者の一人。
体はでっかいけど、ほんと~にかわいいの!

今回は地元ハワイのFMラジオ局、KCCNの応援もあった。
Logo

今回から新しく出来た「ウクレレ&ボーカル部門」。
コンテストの最後に行われ、そのトリを勤めたのがユウ君。

Photo_5


リナに「学校は?」と聞かれて「リンカーン小学校」と答えるユウ君。
「あそこは、いい学校ね!パパコレアがあるじゃないッ!」

そこで大きくうなづいたのは、子供をリンカーンに通わせている(いた・・これは私)3人。
そう、今日は仲良し3人組、M子、MOCO、昌美と3人揃ったのね。
M3の登場よぉん。

だから、子供達の演奏に泣いたり笑ったり、怒ったり。
何故?怒る????coldsweats01

前列で足だけsun日差しがバンバン当たり、私は膝丈のレギンスなんて履いちゃったもんだから膝下だけものすごい日焼け!(ツメが甘かった!)
くっきりライン、お風呂であっつっつ!と大騒ぎするほどでした。

さてユウ君の歌ですが、素直でまっすぐ伸びる声に心が洗われた。
リンカーンのコーラス部も3年目だもんね。
Photo_6



よく。頑張りました。おしくも入賞を逃しましたが、、、。
おばちゃんの中では、ユウ君・一等賞!

で、ほんものの一等賞をもらったのは・・・レオ君でした!

Photo_7


各部門優勝者達と。
カマカのウクレレが賞品!すごいです!

私のカズンが1位!とこの娘まで鼻を膨らませていました。

Photo_8

(後ろに見えるのは、審査員を勤めたMaunaluaのリーダー、ボビーさんですね。)

今回の写真、ちゃんと高校生と中学生に見えるねぇ。
ジャスミンも声援係・ごくろうさん。

めったに出かける事のないワイキキの、、それもオンザビーチのレストランで、波の音を聞きながらウクレレ、最高の一日でした。
ダイアモンドヘッドも近くに見えたでしょう?

来週もウクレレのイベントが続きます。
これもすっごい楽しみ~~~。
あ!参加するためにウクレレ買いに行かなきゃ!

WAL-MARTで売っているお土産用10ドルのッ!!

持ってりゃ、いいのさ、来週は!

 ・・・ちゃんと邪魔しないよう演奏するね!(フリ?)

Kccn_lina_girl_t187

| | コメント (6)

ブルース・シマブクロ!

Photo


先日、アロハタワーでウクレレ・プレーヤーのブルース・シマブクロのCDリリースPARTYがあったので、TBSの放送終了後すぐに飛び出し出かけてきました。

今回も友人M子さんのご長男レオ君登場とあって、ジャスミンだって鼻息が荒い!

三田村レオ君、師匠ブルースと一緒に。

Photo_2


一緒のテーブルで食事もして、私とM子さんはこんなにおいしい物もいただき・・・・。

Photo_3

すぐ目の前のステージでのレオ君の演奏に酔い。。。

Photo_4


レオ君、めっちゃくちゃシャイだから!
私みたいなレポーター泣かせ!

「緊張してる?どう?」・・・・・・・「少し・・・」

「もうすぐ、高校生だね!どう?」・・・・・・・・・「はい。。。」

でもさぁ、その恥ずかしそうな顔見て、喜んでんのよ、私。
趣味悪い? 
いや!だって、なんか、いじりたくなんのよねぇ~~!!

弟のユウ君とも一緒にステージ上がりました。

Photo_5


ちょっと見ない間に、二人とも腕を上げていた!
なんか、ジーンと・・キューンと、くるねぇ。

その後は、マノアDNAとブルース。

Photo_6

マノアDNAのお父さん、DADの素敵さに始めた気が付いたらしい友人のMOKOさんは、素敵~!を連発して、写真を撮りまくっていました。
今さらぁ~???
遅すぎ~~~~~。

Photo_8

追っかけもいるんですって!

ジャスミンはと言うと、レオ君の演奏も終わり、鼻息は収まったかと思いきや、新たなターゲット発見!

彼にも会いたかったのです。

Photo_10


ジェイク・シマブクロ~♪

弟ブルースの応援にやって来ました。
何曲か弾いてくれましたが、やっぱジェイク、いいわぁ。

Photo_11


写真に加工をしてみました~。

兄弟二人の演奏は、息がピッタリ。

Photo_13

この頃には、ジェイクとブルース兄弟のお母さんに手を引っ張られて私とM子さんステージ横で踊らされました♪
お母さん、3時から飲み続けているそうで、「気持ちいいのよぉ~!」とご機嫌!
でも、ウクレレの曲で腰をフリフリ、手を上げ下げの踊りに、
こんなに踊りってむずかしいのか!と思い知り・・・
自分も踊りたくて飛び込んで着たジャスミンは靴も脱ぎ捨て、
ジェイクのお母さんと向き合い、頭振り回して(?)舞い踊る~!

ゼー・ゼー!dash足痛いの忘れてた~!sweat01

夜9時過ぎまで続いたブルースのCDリリースパーティ。
久し振りのダンスで、翌日、腰が痛かった。

ブルースとジェイク兄弟のお母さん、大丈夫だったろうか・・・・。

Photo_14

パーティ終了後・・・お疲れ様でした!

clipブルース・シマブクロさんの情報は、コチラから。

| | コメント (10)

ナ・ホク・アワード♪<その3>

shineナ・ホク・オ・ハワイ・ミュージックフェスティバルshine

今年から4日間に拡大されたハワイアン・ミュージックの音楽祭。
最終日は、授賞式とアフター・パーティが行われました。

授賞式のために会場入りするミュージシャン達。

notesレッド・カーペット の上、華麗な衣装で登場。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

最後のナ・パラパライが一番盛り上がった~。
ゴージャス、そのもの。まさに・・・・・

crownクィィ~~~ンshineshine 

見事な衣装と貫禄・素敵です。
(隣のペアルックはボーイフレンド、しかし・・・彼女・・が元男性だったとは。。。。coldsweats02
知らなかったのは回りでは私だけだったようで。。。。そう思った途端、マツコ・デラックスに見えてきました・・・coldsweats01

レッドカーペット、 私が到着したときは。。。

Photo_9

こんな感じで、ミュージシャンが次々と到着し始めた途中、慌てて現れたスタッフ・・・・・・

annoyそ・そりゃ~、赤さが違うって。annoy

Photo_10

なんか、中継の最中にこれやっちゃうのもハワイらしいよねぇ。
(それに・・君、パンツも赤かい!)

コンベンションセンターの夜もふけて・・・

Photo_11

最高の賞、ベストアルバム賞を受賞したのは、

Photo_12

shineエイミー・ハナイアリィさん。

そして、今回、2冠を獲得したジェーク・シマブクロさん、
おめでたいニュースがもう一つ。

heart02 婚約・おめでとうございます~。heart04

Photo_13

「ありがとぉ~~!
   これからも、よろしくお願いしまぶくろ~~!」

きちんと、日本語で答えてくれました。
(誰が教えたんだろ・・しまぶくろ~!?)

でも!めっちゃくちゃ、爽やかでよろすぃ!good

授賞式のあとは、深夜まで、アフターパーティwine

Photo_14

いくつもステージが設置されていたんですが、私の目的は、この方達。

Photo_15

ゴスペラーズnotes

たくさんのファンを引き連れてハワイ入りしていたそうです。
内緒で来たんですが、熱心なファンは見逃しませんッ!
「うちら、ほんま・ラッキー!」と喜んでいました。

美しいコーラスに、思わずハワイの・ミュージシャン達からもアンコールの声が上がっていました。

新しい靴が痛くて疲れた私、会場の外で座ってたら、声を掛けてきたのが、

impactギョッsign02

Photo_16

声を掛けられたときは、ギョッとしましたが、よく見るとすごいです。
頭のティーリーフ。。。。といい・・・

shine素晴らしいッsign03heart04

この方、有名なハワイの祈祷師さんで、ナ・ホクのテレビ中継の中でも、ハワイ語で出演されていました。

ハワイ最大の音楽祭「ナ・ホク・オ・ハワイ・ミュージック・フェスティバル」
ハワイアンミュージックの好きな人には、本当に鳥肌もの。
ハワイアン・ミュージックをあまり知らなくても、ハワイが好きなら、
このイベントでもっとハワイが好きになる。

ハワイとハワイの音楽を身近に感じる素敵なイベント、
来年は、是非、是非!出かけてみてください。

(ナ・ホク・レポートはこれで終了です~♪)

| | コメント (7)

ナ・ホク・アワード♪<その2>

ナ・ホク・フェスティバルの2日目と3日目は、ハワイ・コンベンションセンターの10を越える大小の部屋で、ミュージシャン達によるワークショップが開かれました。
スケジュール表を見ると、どれもこれも参加したい~。
部屋の行き来は自由という事で、あちこち移動して、はしご状態。

通路では、こんな方ともバッタリ会ってしまうのです。

Photo_2

 shineマノアDNAshine

素敵~~~、lovelyDAD(お父さん)のロイドさん~~。heart04
(写真一番左です、そして息子さんのアレックスとニック)

マノアDNAは、日本でもハワイ州観光局のテーマソングや、NHKの「みんなのうた」で「Aloha You~きずな~」が放映されましたね。

取材という事も忘れてしっかり握手をしてもらいました。heart02
こんな風にみなさんが気軽に写真撮影にもこたえてくれます。

スラッキー・ギターの大御所たちのワークショップ。

Photo_3

お父さんたちが、家のテラスで会話をしてるみたいで楽しい。

「あん時、カウアイでこの歌作っちゃったのよ!」

「ほう、そうかい!」

「じゃ。歌う?」

なんて感じで進められていって、聞き入っちゃう。
歌ったとたん、鳥肌~!
この日は鳥肌だらけで、私の毛穴は開きっぱなしだったようです。

4階では、翌日の授賞式のリハーサルが一日かけて行われていました。

Photo_4

最終日の様子は次回ね。
(引っ張るよ~!4日間の総力取材だかんね。)

| | コメント (0)

ナ・ホク・アワード♪<その1>

ハワイアン・ミュージックでは、一番大きなイベントが
diamond「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」です。
その年で功績のあったハワイのミュージシャンに贈られる賞。

Photo

ハワイのグラミー賞と呼ばれるのは、その選考方法が音楽関係者での投票によって決められるグラミー賞と同じなことから。
32回目を迎える今年から、音楽祭として4日間に拡張されました。
毎日、鳥肌もののイベントが続きました。(楽しかった♪)

shineNAHOKU O HAWAIInote

           noteMUSIC FESTIVALshine

ハワイアン・ミュージックには疎い私、今回、助けをお願いしたのは、このお方。

Photo_2

昨年、ナ・ホク・アワード3冠に輝いた「パリ」さん。

彼のバンド「パリ」、・優しいハーモニー、爽やかで心地よいメロディ~♪・・・初めてお会いしましたが、彼自身、優しく、爽やか、心地よさ!を持っている素敵な人でした。
彼のやさしい笑顔に安心しきって会場をうろついていた私。
奥様の
佐知子さんも本当にありがとうございました。
(この場をお借りして~~♪)

さて、4日間のイベント、初日のキックオフ・パーティから。

Photo_3 日本で人気の伊藤由奈ちゃんも登場。
パリをバックに美しい歌声を披露してくれましたが、ハワイ出身の由奈ちゃん、マッキンリー高校卒業だそうです。(うわ~、ご近所!)
ハワイ出身の彼女が日本で活躍していることにホノルル市から功労賞が授与されました。

この日は、実は翌日の朝、日本に向けて出発の娘をワイキキのさよちゃんのうちに預けてきたので、最後に登場の「カラパナ」の途中で抜け出しました。

Photo_4

カラパナ、立派なオヤジーズになっていましたが、あのサウンドは健在。

sign04鳥肌!notes最初の曲で叫んだの、やっぱ同じ年頃の人ばかり。
一緒のテーブルの若者達、誰も知らなかったので、impact鼻膨らませて説明しちゃったわ。

大学時代、サーフィンに向かう車の中でね・・・・confident

まッ、そんな不思議そうな顔をしなくったって。
おばさんだって若いときがあったのよ。。。。。何か?

ナ・ホク・・続編へ続く~♪

| | コメント (2)