ハワイでの楽しみ

2階建てバスで巡るホノルル・シティライト

Photo


ホノルルのダウンタウンがイルミネーションで埋め尽くされるこの季節。
今年はこのバスで巡っちゃおう!

グレイライン「アロハバス」で行く bus

shineホノルル・ホリデーライツ・ツアーshineshine

2階の席に座れば・・・・。

Photo_2


この通り、何も邪魔をする物がありません。
ここだけの話、初めは親子で張り切って一番前に座ったんですが、かえって前のガラスが邪魔。

一番・後ろ!これが最高なのです!!!

この日はまだツアー開始二日目、一番最初の便に乗り込んだので、ガラガラ。
まだ薄暗いっていう感じですが、たそがれ時もいい!

写真も撮りやすいしね。

Photo_3


写真を撮るのも邪魔な柱もなく、木々に付けられた電飾には手が届きそうでした。

一旦ホノルル市庁舎で降りて、見学。

Photo_4


クリスマス・ツリーの前ではたくさんの家族連れが写真を撮っていました。

シンデレラの馬車のようなのが走っていたり、トロリーもたくさん来ていました。
これから、もっと混んであのあたり大渋滞になるんでしょうね。

一時間ほど市庁舎で過ごした帰りのアロハバスは、ほとんど満席。
早い時間がお勧めです。

このツアーは12月30日まで行われています。

clipアロハバス・ホノルル・ホリデーライツ・ツアー

Photo_5

さて、みなさ~ん♪

私達親子、今頃日本へ向かう機内です。
深夜に羽田に到着します。

しばらくブログをお休みします。
でも、TBSから更新するかもしれませんが。

今年、いろいろな事がありました。
一番大きなことは・・・ジャスミンが小学校を卒業し、中学生になったことかなぁ。
いろいろな出来事を皆さんとシェアできて、私も幸せです。
いつも応援、励まし、ありがとうございます。

まだまだ、親子の珍道中続きますので、来年もよろしくお願いします。

どうぞ、いいお年をお迎えくださいね♪

shineHope you have a wonderful holiday

              and a Happy New Year !!shine

Masami & Jasmine  ★ 小松昌美 ★

| | コメント (17)

ゴージャスなワイキキ・クルーズ

Photo


先日、天国の海のツアーでお世話になったAKIKOさんから連絡をいただいて親子でゴージャスなクルージングを楽しんできました。

Photo_2


ワードに近いケワロ湾から出航する「スパルタン・クィーン号」

豪華なクルーザーを貸しきってのツアーとなるそうです。
この日は、お披露目でした。
「ジャスミンも連れてきてください!」とのお言葉に甘えて、親子で参加。
夢のような時間だった。

Photo_3


船がワイキキ沖に出るとまもなくサンセット。

Photo_4


週末の海、ヨットやカヌーがたくさん海に出ていてきれい。
ダイアモンドヘッドもピンクに染まっていました。

Photo_5


そしてお楽しみのディナー・タイム。

400_image068


シャンパンと一緒にbar

400_image044

この日のメニューはチャイズ・アイランド・ビストロから。

ジャスミンもリラックス。

Photo_6


リラックスし過ぎcoldsweats01

Photo_8


日が沈むと、マジックアイランドをバックにカヌーが帰ってきます。

Photo_9


プリンスホテルの建物に夕闇が映っていました。

Photo_10


ヨットハーバーに停泊中のヨット、乗り切れないほどの人がビール片手に待っているのは・・・・。

Photo_11


ヒルトンに上がる花火でした。
海から見る花火は初めてでしたが、波間に移る花火がとってもきれい。

Photo_12


ワイキキ沖から帰る途中、娘はネットの上で又リラックス。
海の青さが船からの明かりで見えています。

S_091

キャプテン・ブルースとAKIKOさんと一緒に。

『キャプテン・ブルースdiamond

  shineワイキキサンセットクルーズ』

料金:$2,950(12名までの貸切)
料金に含まれるもの:
ワイキキエリアホテル送迎、クルーズ、軽食、ソフトドリンク、アルコール。

お問い合わせ先:
キャプテン・ブルース 天国の海
Pinpoint Marketing, LLC
2250 Kalakaua Ave., Suite 404-3
Honolulu, HI 96815
808-922-2344

*サンセット・クルーズのほか、サンライズ・ドルフィン・ワッチング、ブライダルパーティ、アフタヌーン・クルーズ、散骨セレモニー、バースデーパーティ、ミーティングなどにもアレンジ可能。


新しく、最高にゴージャスなクルーザーで、セレブ気分満喫。

金曜の夜なら、花火も見られます。

| | コメント (8)

マジックアイランドでカーニバル♪

Photo


毎朝のウォーキング、ちゃんと続いていますよ。
アラモアナ・ビーチパーク。
4年目を迎えた。

娘が中学校に入り送り迎えがなくなり、気が付くと家にこもりっきり、パソコンの前に座りっぱなしっていう事も多いので、朝のこの時間は大切な時間。

10月はウェディングシーズン、朝、ウェディング姿で撮影するカップルが毎日のようにいる。
そういえば、日本のタレントさんも先日ハワイで結婚しましたね。

今朝は、マジックアイランドの芝生の上に楽しそうなものが。

Photo_2


今日の夕方から(ハワイ時間の金曜)日曜にかけて、カーニバルが行われる。
家族連れやティーンのデートで混みあうんだ。
深夜までやっているからね。


この観覧車、小さいけど早く回るんだよね。
それに暗くなるといっせいにshineキラキラのライトが灯り、
その明かりがうちからも見えちゃう! flair eye

今晩、静かに原稿を書き上げたいと思っている私の横で、
何回唱えるだろう・・あの娘。

「ママぁ~~、連れてって~~~~!note

 

clipマジックアイランド・カーニバル2011

| | コメント (0)

「アウラニ」グランド・オープニングセレモニー

Photo

shineアウラニ・ディズニーリゾート&スパshine

グランド・オープニングセレモニーに出かけてきました。
グランド・オープニングセレモニーは、9月22日、午後7時から10時までした。

そう、夜の取材でジャスミンを友人に預けたあの晩のお話です。

上の写真は、セレモニーの後、プールサイドからロビー方面を撮りました。
夢のような時間を振り返りたいと思います。

夕方6時半過ぎ、オープニングセレモニーはビーチで行われるので、メディアと招待客およそ600人以上が砂浜へ集まり始めました。

Photo_2


普通、ハワイでビーチのイベントと言うと、ビーチをバックにとか、
ビーチを横に見て・・と言うものが多いんですが、今回はビーチは主役ではありません。

ホテルの建物がステージの後ろに並び、ホテルをビーチから見上げる形のステージが出来上がっていました。

Photo_3


メディア関連の方と話をしていて、気が付いたら随分後方に立っていました。sweat02
今回は、このグランド・オープニングセレモニーが中心のレポートではなかったので、後方からの写真で我慢する事に。coldsweats01

後ろにはカメラ台も設置されていて、世界各国のメディアのテレビカメラがズラリ!movie

ステージでは、フラのステージから。
ケアリィ・レイシェルも登場。heart04
鳥肌物です。(ただし、カメラの撮影うまくいかず。crying

Photo_5


ホテルの建物は照明の色で幻想的。
ディズニーのマジックはこんなところにも・・・さすがです。

もちろん、ミッキーとミニーも登場。

Photo_4

「星に願いを」がハワイ語で歌われた時には、ジーンと来て涙が出そうになりました。

Photo_6
(この中でケアリィを見つけられたあなたは相当のハワイ通!)

この後、プールサイドで飲み放題、食べ放題(マツタケまであった!)のパーティ!
私は、メディア関連の人と話しこんでいてマツタケ食べ損ねましたが、楽しい時間が過ごせました。

パーティ会場を出たのは10時半過ぎ。
24時間オープンのメディアセンターで、たっぷりのコーヒーをお持ち帰りにして、帰りのnight夜の一時間のドライブを楽しみました。
いつも子連れの私には、ミラクルな体験!

ディズニーは、大人にも魔法をかけちゃうんだよね。
やさしい笑顔になっちゃうよね。

でも、本当はあのセレモニー、ジャスミンに見せてあげたかったな。

来週、秋休み。(そう、そんなものがあるんです!)
ジャスミン!アウラニに朝食でも食べに行く?

clipアウラニ・ディズニーリゾート&スパ

*全ての写真はクリックすると拡大できます~♪





| | コメント (4)

アウラニ・ディズニーリゾート&スパ

Photo


ディズニー・リゾートがいよいよOPEN!

すでに8月29日からホテルは営業を開始していますが、今回は世界中にお披露目という事で3日間に渡りメディアに公開されました。

上のミッキーは、女の子の洋服を褒めちぎっているところheart04

言葉は話しませんが、身振り手振りで褒められて、
女の子もうれしそうです。

世界で始めてテーマパークが隣接しないディズニーリゾートの誕生です。

私も2日間に渡り取材をしてきました。

Photo_2


入り口ロビーです。
「アウラニ」とはハワイ語で、「大切なメッセージを伝える人」。
ハワイの伝統と文化を伝える場所でもあります。 
建築は全てハワイ風、庭園には火山がそびえ火山を流れる溶岩のようにプールがあります。

Photo_3


今回、世界各国から120社の500人以上のメディアが大集合。

Photo_4


プールの傍でも撮影。

Photo_5


ミッキーともハグheart02

ハワイの日差しの中、この機材の持ち歩きは大変そう・・・。

Photo_6


初日は、アウラニの紹介の朝食があったので、朝からスタンバイ。

Photo_7


アウラニの説明がビデオで入ったITUNESは、ディズニーからのメディア関係者へのプレゼント。
もらえると思っていなかった私は、「あとでどこに返すんですか?」と聞いてしまいました。

使い方が全然わからない私、sweat01
フジテレビの撮影隊のスタッフに日本語にしてもらって教えてもらいました。ありがとうございました~♪
(ちなみにフジは目覚ましサタデー?で10月1日放送だそうです。)

敷地内は広いので、この日は本当によく歩きました。

この方は、私を見つけて小走りで来てくれました。
そしてポーズ!

Photo_8


ハワイですから、もちろん、この方と記念写真。
アメリカ本土からの観光客、こんな男の子たちも子供に返っちゃいます。

Photo_9

無邪気な笑顔で思わず、こちらまで、にんまり。coldsweats01

おトイレも、まるで売店のようです。(間違えちゃったもん!)

Photo_11


リゾート内いたるところにディズニーの魔法がかけられています。

キャストたち(スタッフ)も、とってもフレンドリー。

Photo_12

大柄ですが、すっごくかわいい!
素敵な笑顔に入り口で一番輝いていました。

Photo_14

clip アウラニ・ディズニーリゾート&スパ

絶対、又、娘と出かけましょう!
朝食は、ミッキーたちと会えるので人気。
早めの予約をお勧めします。

*グランド・オープニングセレモニーの様子は次回ご紹介します。
お楽しみに!

*新しいブログに引越しました。そちらもよろしくお願いします。

       ☆ ☆M&Jのハワイ生活☆ ☆

 

| | コメント (8)

ジミーバフェット

Photo


お早うございます~♪

今から30分ほど前に出ていた虹。
今朝は、目が覚めてカーテンを開けたら目の前のビルから虹が生えていた。
・・・・というくらい近くて、色鮮やか。
笑顔で一日がスタートできました。

さて、前回、TBSで紹介した「ジミー・バフェット・レストラン」。

Photo_2


ジミー・バフェットとは、今年65歳になる男性ミュージシャン。
中高年だけでなく若い世代にも絶大な人気を誇るジミー・バフェット。
ミュージシャンであり、ビジネスマンでもあります。

店内は、まるでテーマパークのようで、写真を撮りたくなるような場所がいっぱい。
子供連れでも絶対楽しい!

ここは、サーフィン・ミュージアムがあって、ジミー・バフェットさん所有の貴重な品々が展示されています。

Photo_3


ハワイの本格的サーフィンシーズンはもうすぐ、ここで予備知識を勉強しておくのもいいかもしれませんね。

Photo_4


ワイキキに唯一ある「ホノルル・サーフィン・ミュージアム」。
館長のマーク・フレイガルさん。

60歳の今でも現役サーファー。
彼がいれば(火曜と金曜のみ)、案内もしてくれます。

Photo_5


サーフィンはサーフミュージックも欠かせません。

マークさんが、「フットボールやベースボールがアレだけ人気でも、フットボールミュージックなんてないでしょう?」

ほんと・その通り!

私も「カラパナ」や「パブロクルーズ」持っています。と言ったら、
「え?」そりゃ、そごい!と言われました。

へーへー、そりゃ、80年代全盛期の私ですから!

この「ジミーバフェット」、もう一つのお楽しみはレストラン。

Photo_6


大きな波の下でのお食事。
足元も・・・熱い。

Photo_7


溶岩が流れていました。

Photo_8

ね?

ブロガーでなくても写真を撮りたくなるでしょ?

私が一番気になったのは、こちらですよ。

Photo_10


一番左の「ランドシャーク・ビール」はここだけのオリジナル。
やっぱ、写真用にオーダーしなくちゃ?

Photo_11


もち、全部、飲んでいませんよ~!
いや、軽く飲めちゃいますけどね、昼間だし、取材だし・・・。

一杯だけ・・・いただいちゃいましたが。

おいしかったなぁ。昼間ワイキキで飲むビール。

おつまみもアメリカンサイズで大きいのでたくさんで盛り上がるのにお勧め!

アメリカーンな雰囲気にひたってね!

clipジミー・バフェット@ビーチ・コマー


| | コメント (6)

天国の海・カネオヘ・サンドバー

Photo


時差ボケで早朝に目覚める人も多いハワイ滞在。
ハワイの朝は一日のうちで一番いい時間だから、早起きして一日を有意義に過ごそう!

今回、私のお勧め早起きツアーは、

shineキャプテン・ブルースのサンライズ・天国の海

夏休み中だったジャスミンと一緒に参加して来ました。

*カネオヘ・サンドバーとは・・・ここをクリック 

Photo_2

ワイキキのホテルは5時過ぎにお迎えという事ですが、私達親子は自分の車でハーバーに向かいました。
この時期のハワイの日の出は朝の6時過ぎ。
5時40分に到着した私達、東の空が明るくなり始めています。

Photo

しばらく待っていると、ツアーの方たちの到着です。
カタマランは、サンドバーに向けて出航します。

すると朝日が上がってきます。

Photo_3

これが本当に神々しい!
サンドバーに到着すると、一番浅い部分に向かって歩きます。
回りも静か、浅瀬を歩く自分の水の音しか聞こえず、現実離れしたこの景色。

天国に来ちゃった?

私も背中に羽が生えたshine天使shine

(森本毅郎さんには、そんなおっきな天使がいるか!と言われましたが、大きな天使だっているわなぁ!)

Photo_4

船を降りた時点では、腰下ほどの深さでしたが、一番浅いところまで歩きます。
一番浅いところでくるぶしほどでした。
歩きながら朝日の方向にカメラを向けると一人のツアー客が・・。

Photo_6

これこそ、不思議な世界。
水面を歩いているようでしょ?
遠くに見えるのはカネオヘの海軍基地です。

Photo_7

私は、ニコンのカメラを抱えていたので、水に落とさないかドキドキheart02でした。
一応、ビニール袋に入れてたけど、撮る時は出すもんね。
サンドバーで一番、人気のポーズはコレです!

Photo_8

何回も何回も、ジャンプ、そして水の上を走り回るジャスミン。run
まるで、雪に喜ぶ犬のようだな。notes

手に持っているのは、防水カメラ。

Photo_9


キャプテン・ブルースの奥様AKIKOさんと。
AKIKOさんのスタイルのよさ!lovely
私とあまり変わらない年と聞いて、又ビックリ!coldsweats02
いいなぁ~~~。heart04

それに彼女の明るさとポジティブさに感動してしまいました。
素敵な女性です。

二人を撮っているのはキャプテン・ブルースでした!

Photo_10

親子3代で参加している家族連れ。

ジャスミン、ちょっとうらやましそうですな。

Photo_11

このあと、フローティングベストを着てシュノーケリング。
水着の取材をかたくなに避けてきた私・・・・。だってぇ、ねえッ!

今回は、水着も着たけどラッシュガードとサーフパンツ履いてっから。
人には迷惑かけませんッ、たぶん。catface

海に本格的に入るのも、ん~十年ぶりなので、フローティングベストを着けているから安心なのに、足元が深くなり深いブルーの海が見えた途端、ちょっとジタバタしちゃった。sweat01
ちゃんとスタッフが傍を泳いでいるので安心。
そのうえ、怖かったので「もう、、いいや、帰ろう。」と来た途端 Uターンを仕掛けた私の腕をつかみ海がめの泳ぐ真上に連れてってくれたの~。heart01

そこで、見えた海がめと、カラフルな熱帯魚。

もう、2度と見られないかも~と思ったら、涙が出そう。sweat02
塩水で目がしみて痛いのもあったけど。

基本、怖がりなんだな、私。

でも、水の音と、まとわり着いて興奮気味の娘の声をのぞけば・・

shine人魚shineになっちゃった私がいたのよね~。プププ!bleah

そして、おいしい朝食も!

Photo_12

ね、天国でしょ?

Photo_13

船のクルーがフラを踊ってくれました。
そして、ツアー客も参加して、一緒に踊ります。

Photo_14

みんないい笑顔だよね。

キャプテン・ブルースと奥様のAKIKOさん。

Photo_15

本当に素敵なご夫婦です。

今回のツアー、朝日の時間に出かける早朝のツアーだけど、
shine天使になったりshine人魚になったり。。。

人生観まで変わっちゃうような時間が過ごせました。
サンライズツアーは9月26日まで。
他のツアーも大人気なので早めの予約をお勧めします。
(ハワイに到着してからじゃ、予約は難しいほどの人気なのよ)

clipキャプテン・ブルース・天国の海ツアー

Photo_16

| | コメント (4)

ビショップミュージアム

Photo


今回、ビショップミュージアムの取材が土曜日で、一緒に親子取材に同行したジャスミン。

見たかったんだって、shine恐竜展。shine

Photo_2


入り口に恐竜がいたのは遠くから見えてたんだけど、近くで見るとあまりにリアルなのでビックリ!

そのうえ、impact動いたッ impactギャ~~~~sign03

Photo_3

impactジャス! 
 


 ママがrestaurant食べられている間に逃げろ!dash

「ママ、電気で動いてるよ~!」sweat01 そ・・・っか。

電気仕掛けで動いているとわかっていても、へっぴり腰。

Photo_4


この2体の恐竜だけで15分以上見ていた。

もちろん、館内もたくさんの恐竜がいたし、平日だと空いているので日本の恐竜展と比べれば穴場。

Photo_5


並んだ子供達、真剣でかわいい。

Photo_6


羽毛の生えた恐竜。
世界でもめずらしいとか・・・やっぱり動くので怖い!

半年近くやっていた恐竜展も9月5日まで。お早めに~。

もちろん、ハワイアンホールで、ハワイの歴史もお勉強。

Photo_7

私より娘の方が真剣でした。

火山の仕組みもお勉強しに行きましょう!

Photo_8

一日、ゆっくり遊べます。
海底から火口まで移動するエレベーターの中で。

Photo_10

日本で前髪だけストレートパーマをかけたジャスミン。

時々だけ。。。。前髪を下ろしています。
普段は、暑くて耐えられないそうです。・・・だろうね。catface

久し振りのビショップミュージアム、親子でエンジョイしました。

Photo_11



clipビショップミュージアム

パーキングに咲いていたシャワーツリー。
夏のハワイのいたるところで見る事ができます。

Photo_13

| | コメント (2)

ラハイナヌーン2011

Photo


ハワイでは、年2度、sun太陽が真上を通る日があります。

ハワイは北回帰線のちょっと下にあるのですが、夏至の前に太陽が北回帰線に向かって行く途中と、夏至を過ぎ冬至に向けて南回帰線に向かう途中の2度。

だいたい10分ほどの間ですが、ハワイで影が消える。
と言っても、影が真下にくるので、見えづらいという事です。

ラハイナヌーンと言う名前は、1989年にビショップミュージアムが公募してつけられたものです。
sun灼熱の太陽と言う意味だそうです。
それまでは、「カウ・カ・ラ・イ・カ・ロロ」(ハワイ語で太陽が真上で休んでいるの意味)とか、「シャドウレス・ヌーン」(影のない午後)とか、好きな言葉で呼ばれていました。
今では、ラハイナヌーンで定着しています。

Photo_2


そのビショップミュージアムでは、毎回ラハイナヌーンの時間にイベントを行っています。

Photo_3


プラネタリウムで、太陽の動きの説明を聞きます。

Photo_4



屋上へ出て、天文学者の方から、説明を受けます。

・・・・・が。

cloud cloud cloud cloud

ご覧の通り、雲がいっぱいで、太陽が見えません~~。
時間は刻々と迫っています。
この日、7月16日のラハイナヌーンはお昼12時37分。

clock 時間になりました!

ところが・・・まだ・・雲!!!cloud cloud cloud

そして・・・5分後、来った~~~~sun sun

ラハイナヌーンは10分ほどは大丈夫。

Photo_5


影がなくなりました!

Photo_6


アメリカ本土から来たJ君の影も! 
これは、アメリカ本土でも見られないよ~~!
残念ながら、日本でも見る事はできません。

ジャスミンも立ってみました。

Photo_7


洋服のふくらみだけ!

私は、体の回りにでっかいpunch丸い影が出てた!newmoon
見事な影だったわ。shadow へっへっへ~~~っだ!!sweat02
ショボン。

ほぅら!街灯も。

Photo_8


そして椰子の木も!

Photo_9

毎年1回目が5月、2回目は7月ごろあるので、ビショップミュージアムのウェブサイトをチェックしてみてね!

clipビショップ・ミュージアム

| | コメント (8)

マノア・ヘリテージセンター

Photo


うちからも近いマノア。
雨が多く緑が濃い。
涼しい風が吹く事から暖炉のある家も多い。

このマノアの町にヘイアウがあったのです。

ヘイアウとは、古代ハワイの人たちにとっての祈りの場所です。
ホノルルの中心にも昔は80箇所以上あったといわれていますが、今はここだけが残っているそうです。
少し、郊外に行けばさまざまなヘイアウを見る事ができます。

ヘイアウにはその場所によって、医療や出産の場だったり、戦いの神など意味が違っています。
マノアのヘイアウは豊作をいのる農耕の神だったようです。

このマノア・ヘリテージセンターは、個人のお屋敷の敷地内にあります。
上の写真はその邸宅、1911年(ちょうど100年前!)に実業家のモンタギュー・クックさんによって建てられました。

Photo_2


アメリカの歴史的文化遺産に指定されています。

Photo_3


申し込めば、ヘイアウと庭の部分だけガイド付きでツアーに参加できます。
邸宅はクックさんの子孫がまだ住んでいますので、見る事は出来ません。
2~3週間前の申し込み、そのうえ英語のみのツアーです。
こればかりは、日本語のツアー会社もまだやっていないようです。

Photo_4


中国系のガイドさんに連れられて、イギリスからハワイに来たばかりと言う方とツアーに参加してきました。

広い庭の奥にヘイアウがありました。

Photo_5


ヘイアウの中には入る事ができません。
どこのヘイアウもそうですが、神聖な場所なので、心して訪れましょう。
農耕の神とは言え、ここに立つと心がシャキッとする気がします。

Photo_6


石が積まれています。下から見ると結構な高さ。

Photo_7


ヘイアウ越しに邸宅を写しました。

ここでは、たくさんの植物があって、まるで植物園のようですよ。

Photo_8


庭の池に咲くすいれんの花。

そして、ハワイ島で多く見る事ができた「オヒア・レフア」

悲しい伝説のある花です。

Photo_9


ワイキキからも近いマノアの町に、こんな場所があったとは・・・。
11年、ハワイ中の話題を追いかけ続けた私も知りませんでした。

clipマノア・ヘリテージセンター

| | コメント (2)

より以前の記事一覧